« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

HD10GB7の修理

液晶テレビの修理がようやく終わったと思ったのに、今度はHD10GB7のリコール

こんなに品質の悪い商品ばかり作って日本のメーカー大丈夫なのか?

無償修理してくれるだけマシなのかもしれないけど・・・

HD10GB7はまだ不具合は発生していないけど、都合のつくうちに修理しておいてもらった方がいいので修理を頼んだ

大体こんな感じだった

  1. 3/24(土)。 ケンウッドのサービスに電話をする。着払いで宅急便で配送してほしいといわれる。ほかに何かないか聞かれたので「キィーンというノイズがする場合がある」旨を伝えると、それも分かるようにメモを入れておいて欲しいといわれる。修理完了まで1週間から10日みておいてほしいとのこと。
  2. 3/25(日)夜。ペリカン便で着払いで発送。
  3. 3/26(月)。携帯に電話があったけど、仕事で出られなかった。入っていた留守電によると、ケンウッドのサポートからでまたあとで連絡するとのこと。もう到着したのか、はやっ!夕方また電話がかかってきて、リコールの件とノイズの件は修理が完了したがファームが一部壊れていて、HDDのフォーマットをさせてほしいといわれる。WMPでプレイリストを作って転送しているだけだし、すぐにデータ回復はできるだろうから構わないと伝える。これから対応するので、明日発送になるという。昼に電話に出られていれば今日中に発送だったのかなあ。
  4. 3/27(水)。家に着くとヤマト便の不在通知。宅配ボックスに修理されたHD10GB7が入っていた。

おもったより早く修理が終わって、早速データ転送。設定がデフォルトに戻っていたので設定もしなおして、キィーンのノイズがなくなっているのを確認。

不具合はいただけないけど、こういうスピーディな対応してくれると高感度もあがるもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

田村ゆかり ベストアルバム 「Sincerely Dears...」

ねんがんの べすとあるばむをてにいれたぞ!

付属のDVDをずっと見ているんだけど

あぁぁ~ゆっかりんかわいいよぅ

このDVDのためだけでも大画面テレビを買った甲斐があるよ、手を伸ばせば届きそう

fbdから1年たつのか、いろいろ思い出すなあ

そうそう、こんな風にカメラに向かって手を振っていたっけ

DVDだと(当たり前だけど)こっちに向かって手を振ってくれているように見える

童話迷宮もはじめてここで聴いたんだっけ

コールで掻き消されてほとんどゆかりんの声は聞こえなかった覚えがあるけど、DVDだとしっかりゆかりんの歌声が聞こえるんだな

赤ずきんももうすぐ終わるのか・・・

次は夏のライブツアーだ、早く夏になれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

やまけんトークライブ~アニソン歌謡喫茶 vol.2 in 新宿ロフトプラスワン

平日のイベントだけあって、スーツ姿が多かった

19:00開演の10分前くらいに到着したので後ろの席しか開いてなかったけど、箱が小さいのでステージ上の出演者たちがもの凄く身近に感じる。

鷲崎がマイク無しでしゃべったりしてたけどちゃんと聞こえたもの

こんなに身近で、石田燿子のOpen your mindとか、影山ヒロノブの夢光年とかが聞けて意外にも贅沢なイベントだった

やまけんの選曲が自分でギターを弾けるということでハム太郎とかサザエさんとか・・・

まあ、アニソンには違いないけどね

あと、サトームセンのテーマとか。アニソンちゃうやん。

鷲崎の選曲がドラゴンボールZのED「でてこいとびきりZENKAIパワー」。こんな選曲あんまりしないよなあ。

最後は全員でCHA-LA HEAD-CHALA。

春からの新番組のアイドルマスターに対して突っ込みトークがあったりとか、爆笑のイベントだった

22:10終演。3時間もやってたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

のだめの楽器演奏シーン

アニメののだめの楽器演奏の指の動き、スムースに動いてるなぁと思ったら

これってもしかしてポリゴン?トゥーンシェイド?

2Dアニメに見事に違和感なく融合してるなあ

建造物とか乗り物とかにCGが使われるのは最近よく見かけるけど、人間にも適用されるのがこれから増えていくんだろうな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

涼宮ハルヒの激奏@大宮ソニックシティ

涼宮ハルヒの激奏@大宮ソニックシティに行ってきました

もう、今日のイベントをどれほど楽しみにしてきたことか・・・

コスプレをしてる人をちらほら見かけたけど、バニーガールのハルヒがいたのには驚いた。いいのか?

物販はお祭の屋台風でいつのもイベントとはちょっと様子が違う

開演直前、スピーカーからなにやらヒソヒソ聞こえてくる・・・

耳を凝らして聴いていると、後藤さんの声で「えっ、マイク入っているんですか?」
ミクル声になって「まもなく開演となります・・・」
会場大爆笑。演出だよね?

開演は16:25で25分ほどの遅れ

座席は5列目

司会は白石稔(谷口役)と松元恵(国木田役)

まずは1人ずつ登場して挨拶
本日の出演者は、平野綾、杉田智和、茅原実里、後藤邑子、小野大輔、桑谷夏子、松岡由貴、あおきさやか、白鳥由里

杉田智和は金髪のカツラとサングラスでクワトロのコスプレ。
平野綾はボディコンシャスなシャツに、下は超ミニのデニムのショートパンツでその上から黒のガーター見たいのをしてたんだけど、こういうファッションあるの?エロ過ぎなんですけど。
白鳥由里はイベントでは始めてみたけど、あんまり喋らなくておとなしかった。黄緑色の洋服(ワンピース)だったのは誰も突っ込まず。

特別ゲストに監督の石原立也氏とキャラデザの池田晶子氏(ちょっと関西訛り?)が登場。

監督とかが紹介されている間、他の出演者は隣の人と談笑などをしているのだけど、杉田智和だけ直立不動で微動だにしない。サングラスしてるから表情もわからないし、よくわからない人だ。

最初のコーナーはキャラクターごとに監督が選んだ思い出のシーンをスクリーンで鑑賞して、そのシーンについて語っていくというもの。
スクリーンに映像が流れている間もずっと出演者を観察していたので、どんなシーンが選出されていたのかよく覚えていない。
杉田智和はジッとして動かないし、サングラスをしているので眠っているんじゃないのか疑惑が沸き起こり、たびたび起きているか確認されていた。
白鳥由里がニコニコしているけど、あんまり表情を見せなかったなあ。
このコーナー、監督ばかり喋っていて、キャストの皆さんにあまりスポットが当たっていなかった気がするなあ。

次が、寸劇。
これは・・・ほとんどアドリブ・・・なのか?
思い思いにセリフをしゃべってるだけでストーリーとかは無かったような。
まあ、笑わせてはもらいましたが。

これでイベントの部は終了。1時間20分くらいしかなかった。

イベントの部は微妙だったなあ。

30分休憩して、18:15からライブの部。

恋のミクル伝説
ライブの部スタートすると突然
「こ、ここどこですか?なんであたし連れてこられたんですか?」
の声がしてメイド姿の後藤邑子登場。
いきなりこの曲から来たか。

次が平野綾
冒険でしょでしょ?
風読みリボン

いわずと知れたOPテーマとキャラソン。

茅原実里
雪、無音、窓辺にて。
キャラソンの中ではこれが1番好き。
振り付けもとても気に入った。
なんていうんだろう、印を結ぶような・・・というか、うまく表現できない。
DVD見てくれっ
出だしトチッたのは残念だったなあ。

後藤邑子
見つけて Happy Life
ああ、かわいいなあもう

また平野綾
パラレルDays

松岡由貴
青春いいじゃないかっ
浴衣姿で登場。最近和服めいているんだとか、よくわからん。
振り付けもいいなあ。
この曲は覚えるのが大変だったそう。
「歌詞が全部違うし、暗記大変だった。作詞家さんを怨みます。」
確かに畑亜貴の詞はコーラスごとに微妙に変わっていて、覚えるのが大変だとは思っていた。

桑谷夏子
COOL EDITION
このすばらしく格好イイ曲にあった黒いドレスが素敵でしびれました。
歌い終わってから
「COOL EDITIONが来ると思ってました?」
まあ、キャラソンやるなら来るだろうと思ってましたが…
「私が勝手に勘違いしてたんだけど、はじめは小指でぎゅ!をずっと練習してたんだけど2週間暗い前に一応確認したら、『盛り上がるほうですよ』って言われてどっちにしても皆さん盛り上げてくれるじゃない?他の人も表題曲の方歌ってるし・・・。無駄な努力してました」

またまた平野綾
God knows …
Lost my music

ここだけ生バンド。
あーやもギターをやってらっしゃった。多芸な人だ。
スピーカーが近くて、ギターソロは耳が~!鼓膜が~!

小野大輔
まっがーれ↓スペクタクル
真っ白なスーツとネクタイ。ダンサーさんを引き連れて、ミッチー張りのノリノリダンス。この曲も大好きなんだよね~。近頃こればっかり聴いていた。
最後はスプーンを取り出して「まっがーれっ!」で決め。

杉田智和
倦怠ライフ・リターンズ!
今度は北高の制服のコスプレ。やっと素顔を見せたな。
ハルヒパートがあるのでコール入れる気満々でいたらダンサーに混じって平野綾も登場。
他の2人のダンサーと遜色ないダンスをしながらハルヒパートをこなしやがんの。
この曲に関しては振り付けは無いのか?好きなように踊っていたような印象だったが。

平野綾、後藤邑子、茅原実里
最強パレパレード
この曲か、うぇるかむUnknownのどちらかでいいから来てほしいと思っていたのでイントロ流れたとき狂喜した!
ステージが近すぎて全員を同時に見れない。仕方ないから中央を集中して見ていたけど、DVDで引いた映像がどこまであるだろうか。
しかし振り付け覚えるの大変だっただろうなあ。

うぇるかむUnknown
あああ、この曲も来るとは思ってなかった。

うっ!はっ!
らきらき☆れっつごー!
う~~~、わっしょい!
存分に叫ばせてもらった

ハレ晴レユカイ
最後はこれで締めるのは分かってはいたけれど、アンコールじゃないのか。
みんな見事にダンスを覚えてきているのには笑った。

結局、キョンの妹と喜緑江美里は無かった。

アンコール
コールをしながら、回りからも「何歌うんだろう?」の声が聞こえてくる。
確かになあ、ハレ晴だと思ってたしなぁ。
ワクワクしながら待っていると、ハレ晴のイントロ。
が、今度はキョンと古泉も加わって5人でのTVバージョン。
そう来たか~
全体を見渡せないのが残念だなあ、ステージが近すぎるのも考え物。

最後の挨拶。
平野綾は泣きながらだった。もらい泣きしそうになった。
杉田智和は最後まで素を見せず正体不明。もしかしてあれが素なのか?アニメやゲームにやたら詳しいオタクだとは分かったが。

20:10終演。

イベントパートは微妙だったけど、ライブパートは神だった。
多分今年最強のイベントなんじゃねぇの?

ここ数ヶ月このイベントを糧に生きてきたので、明日から抜け殻になりそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

らぶドル First Live in YOKOHAMA BLITZ

横浜BLITZの「らぶドル First Live」のファーストライブに行ってきました。

出演は、野川さくら/中原麻衣/桃井はるこ/後藤邑子/茅原実里/酒井香奈子

生みのりんを見るのは初めてかな。

席は2Fのサイドのウィングみたいなところ。ここって関係者席じゃないの?1回座ってみたかったんだけど、この席すごいなあ。遮るものが何もなくステージもフロアも丸見え。

15分くらい押して開演。

いきなり「LoveLoveLoveのせいなのよ!」→「GO↑GO↑☆PARTY」のコンボ。これで盛りあがないわけがない。「Love~」なんて、近年最強の萌えソングと主張する人がいても否定はしない。

続いてさくにゃんソロの「恋、はじめました!」のあと新曲2曲。

曲名は言わなかったけど、後のキャラソンのときにゴトゥーザ様が「フレッシュハートの時の衣装が・・・」のようなことを言っていたので片方は「ふれっしゅハァトを召し上がれ」だと思う・・・たぶん。

続いて一人ずつキャラソン

  • 「果てしのない空」(野川さくら)
  • 「一歩ずつ」(桃井はるこ)
  • 「WISH STARにな・あ・れ」(中原麻衣)
  • 「キーポン!キーポン!」(後藤邑子)
  • 「Candy」(茅原実里)
  • 「純情娘はラルラルン♪」(酒井香奈子)

次が、会場限定ミニ劇場(朗読劇)。

ライブ直前のシーン。緊張をどうやって和らげるかを話すうち、以前社長に言われた「3期生に足りないもの」とは何のことだったのかの話題に・・・。

いろいろ話し合ううちに、瑞樹(野川さくら)がマネージャをうっかりともひろと呼び捨てで言ってしまって、あれれ~まさか!と騒然。

瑠璃(酒井香奈子)から「今のはここだけの話にしてね!」で終了。

朗読劇で盛り上がったシーンをいくつか

  • 私に黒歴史はな~い(桃井はるこ)
  • ラルラルンを伴奏無しで歌わせるよ(確か後藤邑子が言った)
  • みのりんが超長い・・・オイオイそろそろ止めてやれよと思うくらい長いセリフを早口で噛まずに喋りきった、すげえ

続いて、西又葵とかあごバリアとか萩原秀樹とかその他関係者がステージに登場してキャストの皆さんに花束贈呈。

ラストの曲は「HAPPY CLOVER」。

アンコールは「GO↑GO↑☆PARTY」と「LoveLoveLoveのせいなのよ!」

いくつかお知らせが。

今日のライブのDVDが7/25に発売。

東京国際アニメフェアにらぶドル3期生全員が出演予定。

終演は20:20。2時間くらい。

いや~盛り上がった。First Liveってことはこれからもライブやるんだよね。

「LoveLoveLoveのせいなのよ!」を是非またライブで聴きたいよぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

ネギま!? ひな祭りイベント Princess Festival @パシフィコ横浜

開場に5分ほど遅れてしまった。横浜思ったより遠い。

パシフィコに到着しても入り口どこかわかんないし・・・。初めて来た訳じゃないけど、いつもは入場列を見つけてぼ~っと並んでだけるだけだからなぁ。途方にくれていたら見知らぬ人が「ぐるっと回って反対側ですよ」と教えてくれた。ありがと~、犬の散歩の人~。

中に入ったら1000%SPARKING!の最中だった・・・。

席は22列目の端の方。出演者の顔が何とか分かるくらい。

本日の出演者は、佐藤利奈、神田朱未、野中藍、小林ゆう、堀江由衣、皆川純子、松岡由貴、渡辺明乃、桑谷夏子、白石涼子、志村由美、こやまきみこ、石毛佐和・・・多すぎて覚えてないけど26人だった。声優アワードにノミネートされている人もいるようだけど、確か今日が授賞式だったような。
白鳥由里と能登麻美子は出演していなかった。

歌と歌の合間にアフレコ劇が挿入される感じで進行。

劇の内容は、卒業をかけた期末試験でバカレンジャーの面々の合格が危ぶまれるので、皆で分担して指導して、ちゃんと全員で卒業しよう・・・という感じ。

声だけでキャラクターのイメージを思い出しながら聴いていたわけだけど、何せ26人もの出演者がいるわけだし、声だけで判別するのは声ヲタでなければ難しい技術を要すると思われ・・・

いわゆる”ガヤ”と言われるものも生で聴けたし、楽しい劇だった。

ほっちゃんも出演者の1人として他の大勢の出演者と同じように歌やらアフレコやらこなしていくんだけど、ほちゃんの時だけ異様に会場の声援が大きく・・・。あまりの声援にほちゃの隣にいた皆川さんが笑い出す場面もあったりして。

まぁ、自分もほっちゃんがステージにいる時はほっちゃんだけをずっと見ていたけど。

歌のほうは・・・ネギまのキャラソンはあんまり聴かないからなあ。OP、EDの曲くらいしかわかんなかった。

最後の方、うりょっちの衣装がヘソ出しだった。もっと前の席で拝みたかったなあ。

今回でネギまのイベントはファイナルとのことで、最後の方では泣き出す出演者も何人か・・・。

アンコール後の出演者1人ずつの挨拶の時には泣きながらの人もいたけど、松岡さんのはネタなのかマジなのかわかんなかった。遠くて表情わかんないもんで。きみきみは他の出演者の挨拶の時もずっと顔を覆って泣いてたなあ。

佐藤利奈から「最後はみんなで手を繋いでっ!会場のみなさんも隣の人と手を繋いで~」

オレらもかよっ!

仕方ないので見知らぬ隣の人と苦笑いしながら手を繋いで終礼。

終演は20:00ぴったし。3時間かあ、結構長かった。疲れたけど楽しかった、これで終わりなんてもったいないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

やっとテレビがなおったけど・・・

シャープのサポートに連絡してから2週間、やっと新しいのに交換してもらった

配線とかテレビの設定を元に戻すのとかもサービスの人がやってくれたし、保障期間も今日からにリセットされるそうで、その辺はなかなか良心的だと思った

久しぶりに線の入っていない画面でテレビを楽しんでいたら、ディスプレイ中央付近に小さなゴミを発見

テレビ設置の時にでもついたのかな、やれやれ

あれ?拭いてもとれない・・・

これはまさか!

ドット欠けでしたorz

今までは液晶製品を買ってもドット欠けを探したりはしなかった、見つかったら嫌なので

でも、今回は普通にテレビを見ていて発見してしまった・・・ので画面全体を調べてみた

3箇所欠けてました

1度見つけてしまうと気になってしまうもので、その部分を見ないように意識している自分に気づいたりして、ひじょ~にストレス

交換前のは多分欠けは無かったんだろうなあ、調べてないけど

なんか品質の悪いのを回された気がする

また交換してもらうにしても(平日を除いたら)土曜しか対応してくれないみたいだし、土曜に都合よく家にいなくてはいけないのがまた大変

またすぐ壊れそうな感じがするし、しばらくこれで我慢するかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »