« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月30日 (土)

懐アニ!vol.1 in Pasela Resorts 銀座店

懐かしくあの頃を思い出すアニメソングフェスティバル!略して懐アニ!

に行って来ました。

1回目は小清水亜美プロデュースで1995年を振り返る!という内容。

ライブ会場のスクリーンには1995年の主な出来事、ヒットソング、野球・相撲の結果なんかが表示されているんだけれども、肝心の放送されていたアニメについては何も触れていなかった。

15分遅れて14:15開場。スタンディングのライブで開場送れるのは勘弁してほしい。

照明が落ちてやっと始まったと思ったら、ステージに登場したのはなぜかやまけん。

あれぇ?あみすけがMCじゃなかったんだ。どうやらシークレットだったらしい。急遽決まったのかも知れないけど・・・。

あみすけのほかは、三瓶由布子さん、花村怜美さん、安部玲子さんがゲスト。

第1回目ということでどんなことをやるのか不明だったけれど、今日の内容は1995年のアニメソングをカラオケで歌ったり、当時のアニメについてのトークで盛り上がったり、という内容でした。

曲目は全部は覚えてないけど、ウエディングピーチ、クレヨンしんちゃん、エヴァ、Gガンダム、ガンダムW、セーラームーン、幽遊白書、スレイヤーズあたり。

途中、シークレットゲストで笠原弘子さんが登場してロミオの青い空の「空へ・・・」を歌ったり。

会場がカラオケ店だからって事もないだろうけど、みんなも一緒に歌って~って感じが楽しかった。JUST COMMUNICATIONとかかなり盛り上がったし。

終演は16:00ちょっと前くらい。2時間弱かな。

こんな普通にライブをやるとは思ってなかったのでサイリウムは持っていかなかったんだけど、入場時に全員に一本ずつ配っていたので助かった。

2回目とかあるのか分からないけど、楽しかったのでもっと続いてほしいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

美佳子@ぱよぱよ公開録音 ゲスト:竹内順子

いつもより女性が多かった気がする。ゲストがナルトの中の人だからかなあ。

竹内順子さんにイベントで見るのは多分始めて。っていうか竹内さんがどんな人かも知らなかった。役柄でだいたいイメージしていた通りの人で、よくしゃべって、よく突っ込む人でした。

収録の最後にはいつもプレゼントコーナーがあるんだけど、今回初めて当選した。こんなの絶対あたらないと思ってたのでうれしい~。

せっかく握手もしてもらったのに、顔も見れなかったし、がんばってくださいの一言もいえなかった。へこむ。

ちなみにもらったのは美佳子さんと順子さんのツーショットのポラロイド写真(サイン入り)。

待ち受け画面にでもしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

さようなら山口県

帰りは京都か広島にでもよろうと思ったけど、新幹線での長距離移動はつまらないことがわかったので、飛行機で帰ってしまおう。飛行機のチケット取れたし。

山口宇部空港もよりのJRの駅は草江という。

空港最寄の駅なのに無人駅。

Ca937h7s

「JR線のきっぷは、駅前の西村商店でお買い求めください。」という看板。マジですか。

Cawcomnj

西村商店はすぐ近くにあった。記念に切符だけでも買っておけばよかったか。

空港についたはいいけれど、フライトまで2時間以上時間があるのに周りには何もない。空港の皆さんの働き振りを眺めながらフライトまでボーっとしてる。ボーっとしてる時間が多くないか?

飛行機に乗ったら1時間半で東京に到着。途端にすごい人ごみでうんざり。

あしたからまた仕事か~。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月17日 (日)

端っこぶりを堪能しよう

昨日秋吉台を歩き回ったせいで、足首を痛めてしまった。今日はあまり歩かないで乗り物移動中心にしよう。どうせ1人だし、いくらでも融通はきく。

せっかく本州の端っこ、山口に来ているのにそんな実感は全くないので何とか端っこぶりを堪能できるたびをしたい!

湯田温泉のあたりからバスで萩まで行って、そこから電車で海沿いに下関まで行くことにしよう。本州の西の端をぐるっと回ることになる。

Yamaguchimap_2

湯田温泉から萩まではバスで約1時間。1日5本くらいしかなくて、朝一番のバスが11時発。もっと早い時間がいいけど、仕方ないこれに乗ろう。

萩も山口では有名な観光地らしいけど、素通りして萩駅へ。

Cato2h7y

おっ、ノートがおいてある。まだ、NO.1か。どれどれ、どんなことが書いてあるだろう。一ページ目を開いてみる。

Caq4h6in

真っ白じゃん。他のページも見たけど何も書いてなかった。破ったような形跡もあるけれど。ま、まあ、4月から始まったばかり見たいだし、こんなもん・・・かな。自分も何も書かなかったし。

Cavbq145

ホームへいくと、ネコが線路を横断してます。のどかだな~、ってどんだけっ!

20分ほどして電車が到着。これに乗れないと次の電車まで2時間ほど待たなくてはならない。

電車の本数が少なくて1両編成なのに、乗る人はほとんどいない。中学生か高校生が何人か乗っていたようだけど、通学とかで使ってるんだろうか。こんなに本数が少ないのに、乗り遅れたりしたらどうするんだろう・・・大きなお世話か。

電車は海沿いを走りながら、途中、長門市、小串で乗り換えて5時間ほどで下関に到着。ぐるっと回ってきたはずなのにそんな実感はなかったなあ。当たり前か。海は綺麗だったけど。

下関は思ったより栄えていた。山口市内より都会なんじゃないかなあ。

下関まで来れば、さぞその端っこぶりが堪能できるだろう。あんまり端っこって書くと山口の人に怒られるかと思って知り合いの山口さんに聞いて見たら「大丈夫だろう」との事なので大丈夫だろう。

Cafxatxb

あたりを見渡すと、割と近くにタワーが見える。展望台かなあ。ああいうところカップルが多いから近づきたくないんだけど、端っこぶりを堪能するため仕方がない。

海峡ゆめタワーというらしい。29Fが展望室になっていて(有料)、すばらしい眺望。やっぱりカップル多いなぁ。オレ空気読めてないよ。

Img_3953

下関駅前。人がゴミのようだ。

Img_3942

関門橋。ということは、向こうに見えるのは九州大陸。やった、端っこだ!

Img_3946

巌流島らしい。巌流島って架空の島じゃないの!?トナカイといっしょで。
向こうに見えるのは北九州。

ずいぶん遠回りしてようやく山口の端っこぶりを堪能できた。まっすぐここへ来ればよかったか。

今日は1日中乗り物に乗ってたけど、ボーっと車窓を見ているのも飽きないもんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

ドリーネ!!ウバーレ!!

大阪ではどこにも寄らずに山口に向かって即出発。

山陽新幹線はトンネルが多くて、景色を楽しむのはイマイチかなあ。

そもそも新幹線なんて都市間を高速に輸送するのが第一で、旅情なんて求めちゃ駄目なのかも。

2時間ほどで山口に到着。本州の端っこのはずだけどそんな感じはしないなあ。当たり前か。

中国地方は昨日あたりから梅雨入りしたらしく、天気が心配だったけれど雨だけは降らないでくれ。

新山口駅で荷物をロッカーに預けて、秋芳洞行きのバスにのって40分ほどで秋芳洞ターミナルに到着。

ここから秋芳洞を通って、秋吉台を見渡せる展望台にいけるらしい。

秋芳洞へのゲートをくぐると急に冷気が、うは、寒い。

Img_3700
洞窟は暗くて、三脚がないとうまく撮れない。

駆け足で洞窟を抜けると、展望台へのエレベーターが。これが結構長い。

エレベーターを上ってようやく秋吉台展望台。

Img_3712

展望台付近からの眺め。

すごい!草原だ!こんな風景がずっと広がっている。

展望台の付近には結構人がいるけれど、奥のほうに行く人は誰もいないみたい。

せっかくだからいけるところまで行ってみよう。

Img_3740 Img_3767
ところどころ窪んでるところがドリーネとかウバーレだろうか。落ちたら死ぬな。

Img_3889 Img_3912

岩はギザギザしていてうかつに手をつくと結構痛い。化石が入った岩もあるらしいけれど見つからなかった。

秋吉台は毎年2月に野焼きをして景観を保っているらしいんだけど、そのためか岩に服がこすれると黒くすすけてしまうので注意が必要、とホテルに帰ってから気づいた。

Img_3916

ところどころ柵で通れないところがあった。何の柵だろう。

Img_3921

遠くから見ると草原に見えても、深いところだと腰くらいまで伸びてる草もあって、見えないところに岩があったりして何回か転んだ。

Img_3743

遠くに見えるのが入り口の展望台。

4時間ほどさまよって、展望台も見えなくなるくらい遠くまで行ったりして、周りには人がいないくて、鳥のさえずりしか聞こえず、ちょっと怖い。

いやあ、すごかった。もっと観ていたかったけど、暗くなってきたので帰ろう。

エレベーターの運行時間は終了していたので、洞窟を通らずに上の道路を通ってバスセンターまで。

バスが来るまで1時間近くあるな。

急ぐわけでもないし、ボーっとしていた。

バスが来る間、ターミナルには自分以外だれもいなかった。車で来る人が多いのかなあ。

野田温泉にホテルをとって、あしたの予定を考える。

あしたも秋吉台でもいいかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

山口旅行

草原にあこがれる。多分ドラクエの影響だろう。

イメージとしては果てしなく芝生が広がってる感じ?ゴルフ場みたいに。

調べてみると、日本は気候が温暖なので植物が育ちにくい高地でないと草原にならずに森になってしまうらしい。

それでも阿蘇のあたりに、人の手で作った草原はあるらしいけれどちょっと遠いなあ。

そんな風に草原への憧れを抱いていた折、テレビでみた秋吉台が草原っぽい!

山口県かあ、やっぱり遠いなあ。

まあ、でも、暇だしボーナスも出たし行ってみるか。1人で。

というわけで、早速出発。

飛行機はとれなかったので新幹線で。5時間もかかるのか。

金曜のうちに出発して大阪で一泊することにしよう。

会社が終わって新幹線乗り場に行くと、なぜか大混雑!

どうやら横浜で人身事故があってダイヤが乱れてるらしい。

新幹線の人身事故なんてそんなにあるもんじゃないだろうに、行くなって事か!

グリーン車まで満席で、自由席はギュウギュウ詰め。

浜松で何とか座れたけど、混雑の中で90分たってるのはつらかった。

あしたの予定とか新幹線の中で決める予定だったのに、ついてないなあ。

とりあえず今日は大阪で一泊。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月10日 (日)

美佳子@ぱよぱよ公開録音 ゲスト:伊藤静

美佳子@ぱよぱよの公録に行くのは高橋理恵子さんの回以来だから4ヶ月半ぶりかあ、久しぶりだなあ。

参列者がいつもより多いのは美佳子さんの人気が上昇したからなのか、御前目当ての一見さんが多いのか・・・

公録が始まってすぐ、「笑うときはくすくす笑ったりしないで思い切り笑ってね」とか「今日は悪ふざけが過ぎるかもしれないけど許してね」などと言い出すのでいつもと違うとは感じていたんだけれど・・・

第2部のゲストとのクイズコーナーもいつもどおり終わって、一旦退場した2人は、なんと着ぐるみを着て再登場!

美佳子さんはめんたいこの着ぐるみ、伊藤さんは大根の着ぐるみ。御前様におかれましては、その手に本物の大根を握ってらっしゃる。

もしかしてもう出来上がっちゃってます?と思わんばかりに、楽しそうにはしゃぎまわる2人。いや、御前様が楽しいなら一向に構いませんが・・・。

その後の収録は着ぐるみを着たまま行われたんけど、なんともシュールな姿だった。

御前「着ぐるみを着るってマネージャーに言ったら、新しい世界を開拓してこいって(笑)」
みったん「いいなー、私も堅プロ入ろうかな~」
御前「いいよ~、両手を広げて待ってるよ」

ここで客席の空気を感じ取ったのか

みったん「あ、違うよ、そういう意味じゃないよ。勝手な想像しないで!」

む~、この時期に微妙なコメントをするなあ。

今回の公録で伊藤静のイメージが変わったなあ。こんなにお転婆な人だと思ってなかったよ。

それにしても、やたらとビールの話をするのでこっちまでビールを飲みたくなってきたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

RONDO ROBE 2007 十五周年漂流記 at 東京厚生年金会館

ジェネオンのアニメイベントRONDO ROBE 2007に行って来ました。

イベントを通して、アーツの件について触れる人は誰もいなかったな。まあ、こんなところで触れるはずもないんだけれど、期待していた人も結構いたみたい。

チケットを渡して入場するとメイドさんが並んでいて「お帰りなさいませご主人さま」とか言われてあせった。

メイドブームを牽引してきたのはジェネオンだぜっ!という気概でもあるんだろうか。「ハンドメイドメイ」とか「まほろまてぃっく」とか「これが私の御主人様」とか・・・

予定通り15:00ぴったりに開演。

幕が開くと、ステージ上では何やら麻雀をやっている模様。
面子は中田譲治、植田佳奈、伊藤静、もう1人は暗くて遠くてよく見えないけど白石涼子か生天目仁美かな。

オイオイ、何で麻雀なんだよ、などと思いながら見ていると、中田の牌に対して植田佳奈と伊藤静が「ロン!」
中田「えぇっ! (植田と伊藤に交互に指を差しながら)ロン!?・・・ロン!?
4人で「ロンドローブ2007!!! 」

駄洒落でした。

■灼眼のシャナ

まずは灼眼のシャナから。
ステージ上には、日野聡、釘宮理恵、伊藤静、川澄綾子、生天目仁美。

劇場版の話とか2期の話とか。

劇場版のDVDには「止むを得ない事情」でカットされた映像が収録されているとか。入浴シーンとからしいけど。DVDを売るための戦略とはいえ、えげつないやり方だなあ。そんなやり方にだまされる・・・かなあ。でも少なくとも映画館で観る気は一気に失せたけど。

2期について

釘宮「スタッフは2期についてキャストにも秘密にしておきたかったらしいけど・・・みんな知ってたよねぇ?」
日野「飲み会の席とかで言ってたしね。」
川澄「スケジュールも抑えられてたし・・・」
釘宮「いつ収録始まるんだろうって話してたりしたよね」

バレバレだったらしいですよ。

■撲殺天使ドクロちゃん

灼眼キャストがまだステージにいるのに「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」のBGMとともに千葉紗子登場。

千葉「綾子ちゃんと理恵ちゃんはドクロちゃんにも出てるからちょっと残って、他の人は帰っていいよ」

千葉紗子に促されるまま、川澄、釘宮と3人でステージ中央でくっついてポーズをとり始める

千葉「プレスの方、今のうちに撮って!」

各社プレスの方たちがステージ前に駆け寄って写真撮影を・・・

千葉「撮り終わりました?じゃあ2人とも帰っていいです。」

川澄、釘宮を返してしまって

千葉「本当のゲストの方を呼びま~す」

ステージ上には監督やら原作者やら男ばかりでムサイ感じに。どうやらプレス用の捏造写真を撮影したって事みたい。

今日のイベントの中では1番笑ったドクロちゃんコーナー。

2期の製作が決まって、そのサブタイトルを募集しておりそれをこの場で発表することに。

スクリーンには候補となったタイトルがドラムスクロールされて発表されたそのタイトルは

撲殺天使ドクロちゃん2(セカンド)

えっ!普通じゃん!

「セカンドって、あんなに募集したのに何でこんなに普通なんですかっ」と当然怒り出す千葉紗子に対し

-「ドクロちゃんの頭文字は何?」
千葉「Dですか?」
-「セカンドの頭文字は」
千葉「…S?」

おいおいまさか

-「というわけでロゴを作ってみました」

スクリーンに映し出されるDSのロゴ。あっれ~、とこかで見たことあるなあ・・・

千葉「ちょっと~、ホントにこれがロゴなんですかぁ~?」
-「いえ、流石にこれはマズイので別のを考えました」

そのほかにもエヴァ風だったりいろいろ版権に問題ありそうなのばかりで全てボツって結局は普通に「撲殺天使ドクロちゃん2」って事で落ち着いたらしい。

その間、あまりにも「DS」を連発するもので、心配になったらしく。

千葉「皆さん今日はドクロちゃんのゲームの発表じゃなくて2期の発表って分かってますよね?」

その後、2期のプロモーション映像を流したんだけれど、有名なネコ型ロボットが登場したり、そのネコ型ロボットが乗ってきて机に停泊中の乗り物が登場したり、これも版権的にヤバヤバな内容。

-「結局イベントでしか観れなかった映像になるかもしれないですね」

最後は千葉紗子の「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」のライブで終了。

■ハヤテのごとく!

白石涼子、田中理恵、釘宮理恵、伊藤静が自分のキャラクターについていろいろしゃべるコーナーだったかな。時間余らせてしまって、最後は時間埋めるために適当にしゃべってたみたいだけど。

本日放送分はハヤテが出演しない特別版だったけど、白石涼子の都合だったらしい。病気とかしたんだっけ?

■タイナカサチのライブ

「Cry」「最高の片想い」「愛しい人へ(精霊の守リ人 ED)」「君との明日」

あと1曲くらいあったと思ったけど忘れちゃった。

■Fate/stay night

川澄綾子と植田佳奈のFate/stay tuneの公開録音。

2人の対決コーナーがあって、負けた植田がレギュラー降板とかいう結果になって慌てる植田をよそにコーナー終了。結局ホントに降板なのか!とか不明のままだったけど、ラジオの本放送を聴けば何か分かるのかな。

■スカイガールズ

ゲストは川澄綾子、伊藤静。

テレビシリーズが始まるらしい。ちょっと映像が流れて割りとよさそうだったけど、コナミはなあ、極上生徒会とかおとぎ銃士とかもそうだったけど、作画が安定しないからなあ。

■こはるびより

進行は喜多村英梨、明坂聡美

喜多村英梨はイベントで観たのは多分始めてかな。

この子、黙っていればかなり美人さんなんだけど、言動を見ているとオタクっぽいのが分かるんだよね。

割とボーイッシュな役柄が多いのにこの作品では正統派萌えキャラを演じている模様。
OP曲もライブで披露してくれたんだけど、超早口で「もってけ!セーラー服」見たいなノリで歌詞もほとんど聞き取れなかった。曲名も「エプロンだけはとらないで」とかで似通ってるし。畑亜貴作詞だろうか。

■ななついろ★ドロップス

進行役は結元ミチルさん、後藤麻衣さん。

これはよく知らないんだけど、18禁ゲームのアニメ化なんだろうか。
第1話の上映があって、キャラクターは可愛かった。ええ萌えましたとも。
「7つのしずくを集めることになった女の子」の話みたいで「カードを集めることになった女の子」を思い出しながら観てました。7月から放送開始らしい。

LOVERIN TAMBURINさんによるEDテーマ「mo・o!」のライブで終了。

■ジェネオン残酷3作品

ひぐらしのなく頃に解から中原麻衣さん、ヘルシングから折笠富美子さん、シグルイから桑島法子さん。

3人がクイズで対決する形式。その中の1問「新作ヘルシングは30分の枠に収まりきれず50分もの大作になってしまいましたが、さてそのカット数はいくつ?」
そんなの分かるかよ!という問題に中原、折笠、桑島のそれぞれの解答は731、422、1000。正解がなんと734カット。すげえ、エスパー中原かよっ!ちなみに422は中田譲治の誕生日だそうですが折笠さんはそんなつもりで書いたわけではないそうです。

■アニメ カノッサの屈辱

中谷昇教授ではなくて中田譲治教授がネタ風にアニメの歴史を紹介する映像。

これが細切れでイベントの合間に流されたんだけれど、ガンダムブームを「トミノフスキー将軍の活躍により・・・」とか「1995年に大異変が起きた。使途の襲来である。これを俗に大月平八郎の乱という・・・」とかオタにしか分からない隠語で綴られていて、コーナー終わりにカノッサの映像が流れるたびに「続きキター!!」と待ちわびてしまう傑作だった。

凝ったつくりだったけど、版権的にDVD化とかムリだろうなあ。もう1回見たいなあ。

■その他新作映像

盛り上がってる人もいたようだけど、ほとんど元ネタが分からないものばかり。エロゲだろうか。

ただ気になったのが

そろそろご奉仕してもいいですか?
メイド2.0
仮面メイドガイ

一瞬映るゴツイおっさん(?)の仮面をつけた顔。

なにこれ、これだけじゃわかんないよぅ。

終演は20:45(途中で15分の休憩があった)。

5時間も長いとは感じない楽しいイベントだったけど、苺ましまろやらなかったなあ。テコ入れしなくても平気なくらい売れてるのかな。

Cay15fdz

出口でメイドさんが配っていた腕時計。ちゃんと動く。よ~し、あした会社につけて行くぞう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »