« 茅原実里☆春祭り 2007 in 東大 | トップページ | 美佳子@ぱよぱよ公開録音 ゲスト:伊藤静 »

2007年6月 3日 (日)

RONDO ROBE 2007 十五周年漂流記 at 東京厚生年金会館

ジェネオンのアニメイベントRONDO ROBE 2007に行って来ました。

イベントを通して、アーツの件について触れる人は誰もいなかったな。まあ、こんなところで触れるはずもないんだけれど、期待していた人も結構いたみたい。

チケットを渡して入場するとメイドさんが並んでいて「お帰りなさいませご主人さま」とか言われてあせった。

メイドブームを牽引してきたのはジェネオンだぜっ!という気概でもあるんだろうか。「ハンドメイドメイ」とか「まほろまてぃっく」とか「これが私の御主人様」とか・・・

予定通り15:00ぴったりに開演。

幕が開くと、ステージ上では何やら麻雀をやっている模様。
面子は中田譲治、植田佳奈、伊藤静、もう1人は暗くて遠くてよく見えないけど白石涼子か生天目仁美かな。

オイオイ、何で麻雀なんだよ、などと思いながら見ていると、中田の牌に対して植田佳奈と伊藤静が「ロン!」
中田「えぇっ! (植田と伊藤に交互に指を差しながら)ロン!?・・・ロン!?
4人で「ロンドローブ2007!!! 」

駄洒落でした。

■灼眼のシャナ

まずは灼眼のシャナから。
ステージ上には、日野聡、釘宮理恵、伊藤静、川澄綾子、生天目仁美。

劇場版の話とか2期の話とか。

劇場版のDVDには「止むを得ない事情」でカットされた映像が収録されているとか。入浴シーンとからしいけど。DVDを売るための戦略とはいえ、えげつないやり方だなあ。そんなやり方にだまされる・・・かなあ。でも少なくとも映画館で観る気は一気に失せたけど。

2期について

釘宮「スタッフは2期についてキャストにも秘密にしておきたかったらしいけど・・・みんな知ってたよねぇ?」
日野「飲み会の席とかで言ってたしね。」
川澄「スケジュールも抑えられてたし・・・」
釘宮「いつ収録始まるんだろうって話してたりしたよね」

バレバレだったらしいですよ。

■撲殺天使ドクロちゃん

灼眼キャストがまだステージにいるのに「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」のBGMとともに千葉紗子登場。

千葉「綾子ちゃんと理恵ちゃんはドクロちゃんにも出てるからちょっと残って、他の人は帰っていいよ」

千葉紗子に促されるまま、川澄、釘宮と3人でステージ中央でくっついてポーズをとり始める

千葉「プレスの方、今のうちに撮って!」

各社プレスの方たちがステージ前に駆け寄って写真撮影を・・・

千葉「撮り終わりました?じゃあ2人とも帰っていいです。」

川澄、釘宮を返してしまって

千葉「本当のゲストの方を呼びま~す」

ステージ上には監督やら原作者やら男ばかりでムサイ感じに。どうやらプレス用の捏造写真を撮影したって事みたい。

今日のイベントの中では1番笑ったドクロちゃんコーナー。

2期の製作が決まって、そのサブタイトルを募集しておりそれをこの場で発表することに。

スクリーンには候補となったタイトルがドラムスクロールされて発表されたそのタイトルは

撲殺天使ドクロちゃん2(セカンド)

えっ!普通じゃん!

「セカンドって、あんなに募集したのに何でこんなに普通なんですかっ」と当然怒り出す千葉紗子に対し

-「ドクロちゃんの頭文字は何?」
千葉「Dですか?」
-「セカンドの頭文字は」
千葉「…S?」

おいおいまさか

-「というわけでロゴを作ってみました」

スクリーンに映し出されるDSのロゴ。あっれ~、とこかで見たことあるなあ・・・

千葉「ちょっと~、ホントにこれがロゴなんですかぁ~?」
-「いえ、流石にこれはマズイので別のを考えました」

そのほかにもエヴァ風だったりいろいろ版権に問題ありそうなのばかりで全てボツって結局は普通に「撲殺天使ドクロちゃん2」って事で落ち着いたらしい。

その間、あまりにも「DS」を連発するもので、心配になったらしく。

千葉「皆さん今日はドクロちゃんのゲームの発表じゃなくて2期の発表って分かってますよね?」

その後、2期のプロモーション映像を流したんだけれど、有名なネコ型ロボットが登場したり、そのネコ型ロボットが乗ってきて机に停泊中の乗り物が登場したり、これも版権的にヤバヤバな内容。

-「結局イベントでしか観れなかった映像になるかもしれないですね」

最後は千葉紗子の「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」のライブで終了。

■ハヤテのごとく!

白石涼子、田中理恵、釘宮理恵、伊藤静が自分のキャラクターについていろいろしゃべるコーナーだったかな。時間余らせてしまって、最後は時間埋めるために適当にしゃべってたみたいだけど。

本日放送分はハヤテが出演しない特別版だったけど、白石涼子の都合だったらしい。病気とかしたんだっけ?

■タイナカサチのライブ

「Cry」「最高の片想い」「愛しい人へ(精霊の守リ人 ED)」「君との明日」

あと1曲くらいあったと思ったけど忘れちゃった。

■Fate/stay night

川澄綾子と植田佳奈のFate/stay tuneの公開録音。

2人の対決コーナーがあって、負けた植田がレギュラー降板とかいう結果になって慌てる植田をよそにコーナー終了。結局ホントに降板なのか!とか不明のままだったけど、ラジオの本放送を聴けば何か分かるのかな。

■スカイガールズ

ゲストは川澄綾子、伊藤静。

テレビシリーズが始まるらしい。ちょっと映像が流れて割りとよさそうだったけど、コナミはなあ、極上生徒会とかおとぎ銃士とかもそうだったけど、作画が安定しないからなあ。

■こはるびより

進行は喜多村英梨、明坂聡美

喜多村英梨はイベントで観たのは多分始めてかな。

この子、黙っていればかなり美人さんなんだけど、言動を見ているとオタクっぽいのが分かるんだよね。

割とボーイッシュな役柄が多いのにこの作品では正統派萌えキャラを演じている模様。
OP曲もライブで披露してくれたんだけど、超早口で「もってけ!セーラー服」見たいなノリで歌詞もほとんど聞き取れなかった。曲名も「エプロンだけはとらないで」とかで似通ってるし。畑亜貴作詞だろうか。

■ななついろ★ドロップス

進行役は結元ミチルさん、後藤麻衣さん。

これはよく知らないんだけど、18禁ゲームのアニメ化なんだろうか。
第1話の上映があって、キャラクターは可愛かった。ええ萌えましたとも。
「7つのしずくを集めることになった女の子」の話みたいで「カードを集めることになった女の子」を思い出しながら観てました。7月から放送開始らしい。

LOVERIN TAMBURINさんによるEDテーマ「mo・o!」のライブで終了。

■ジェネオン残酷3作品

ひぐらしのなく頃に解から中原麻衣さん、ヘルシングから折笠富美子さん、シグルイから桑島法子さん。

3人がクイズで対決する形式。その中の1問「新作ヘルシングは30分の枠に収まりきれず50分もの大作になってしまいましたが、さてそのカット数はいくつ?」
そんなの分かるかよ!という問題に中原、折笠、桑島のそれぞれの解答は731、422、1000。正解がなんと734カット。すげえ、エスパー中原かよっ!ちなみに422は中田譲治の誕生日だそうですが折笠さんはそんなつもりで書いたわけではないそうです。

■アニメ カノッサの屈辱

中谷昇教授ではなくて中田譲治教授がネタ風にアニメの歴史を紹介する映像。

これが細切れでイベントの合間に流されたんだけれど、ガンダムブームを「トミノフスキー将軍の活躍により・・・」とか「1995年に大異変が起きた。使途の襲来である。これを俗に大月平八郎の乱という・・・」とかオタにしか分からない隠語で綴られていて、コーナー終わりにカノッサの映像が流れるたびに「続きキター!!」と待ちわびてしまう傑作だった。

凝ったつくりだったけど、版権的にDVD化とかムリだろうなあ。もう1回見たいなあ。

■その他新作映像

盛り上がってる人もいたようだけど、ほとんど元ネタが分からないものばかり。エロゲだろうか。

ただ気になったのが

そろそろご奉仕してもいいですか?
メイド2.0
仮面メイドガイ

一瞬映るゴツイおっさん(?)の仮面をつけた顔。

なにこれ、これだけじゃわかんないよぅ。

終演は20:45(途中で15分の休憩があった)。

5時間も長いとは感じない楽しいイベントだったけど、苺ましまろやらなかったなあ。テコ入れしなくても平気なくらい売れてるのかな。

Cay15fdz

出口でメイドさんが配っていた腕時計。ちゃんと動く。よ~し、あした会社につけて行くぞう。

|

« 茅原実里☆春祭り 2007 in 東大 | トップページ | 美佳子@ぱよぱよ公開録音 ゲスト:伊藤静 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107861/15307100

この記事へのトラックバック一覧です: RONDO ROBE 2007 十五周年漂流記 at 東京厚生年金会館:

» RONDO ROBE 2007 イベントレポート [スカイガールズ広報部]
RONDO ROBE 2007 の模様についてブログに書いていただいたかたに感謝の気持ちを込めてトラックバックを送っています。イベントレポートトラックバック募集中!(powered by i-revo) [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 01時30分

» 灼眼シャナの魅力をお伝えします [灼眼シャナ]
灼眼のシャナは漫画としても、アニメとしても、携帯ゲームとしても抜群の人気を誇ります。 灼眼のシャナの魅力を余すことなくお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2007年6月19日 (火) 21時08分

« 茅原実里☆春祭り 2007 in 東大 | トップページ | 美佳子@ぱよぱよ公開録音 ゲスト:伊藤静 »