« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月26日 (日)

田村ゆかり 2007 Summer *Sweet Milky Way* @パシフィコ横浜

ゆかりんのサマーライブ2007の横浜公演に行ってきました。

場所は、パシフィコ横浜。

2階席の端の方だったけど、ステージ両脇の巨大スクリーンの正面だったので、ゆかりんがアップで映ってるときはスクリーンを見て、かわいらしい振り付けのダンスのときは生ゆかりんを見るとかして、そんなに悪い席でもなかった。天使のお仕事の「busy busy busy day」は歌ってないのか。

隣の人がずっと座りっぱなしで、姿が見えないので間隔が上手く掴めず、跳ぶとどこに着地していいか分からなくなるので、跳ぶのをやめた。別に構わないんだけど、座りっぱなしでちゃんとステージが見えてたんだろうか。

大宮公園とはセットリストが少し変わってて「My life is great」が「Super special day」に、「YOURS EVER」が「Jelly Fish」になってた。公演によって変わってたのかなあ。

アンコールの最後の曲の前

「ここで、お知らせがあります。」

む、なんだなんだ

「ライブをやります・・・春・・・ころに・・・」

春かあ。これから涼しくなって、寒くなって、また暖かくなったころかあ。長いなあ。

「場所は・・・武道館です」

マジ!武道館!すごいよゆかりん!

直前に話してた猫のコンビが「桃猫団」に決まった件とか、もうどうでもいいよ。

全曲が終わると、最後にゆかりんは観客席の端の方から順番に観客全体に手を振るんだけど、パシフィコは広いからずいぶん時間がかかってた。

終演は21:00過ぎ。3時間くらいやってたのか。アンコールの時のMC結構長かったからな。夜景がきれい。

次は福岡か。台風だけは来ないで下さい、お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月17日 (金)

AJF2007 アニソン女子部 "復活"夏祭り2007 in Zepp Tokyo

アニメジャパンフェスで堀江美都子が率いる女子部が4年ぶりに復活したらしい。4年前はこういうイベントに参加してなかったのでよく知らないのだけど。

本日の出演者は、堀江美都子、大杉久美子、富沢美智恵、金月真美、井上あずみ、YUKA、三重野瞳、Salia、米倉千尋、sorachoco

開場は18:00だけど、ライブが始まったのは18:20くらい。

小学生くらいの子供連れもちらほら見かけたけど、大丈夫なんだろうか?と思ってたけど、大丈夫でした。あんまり立ち上がる人もいなくて、普段行き慣れているライブよりはだいぶおとなしめ。アンコールがドラえもんだったくらいだし。

自分の席は10列目で、真ん中より少し前くらいだけど、後ろの方はもっと盛り上がってたんだろうか。

だいたい1人あたり持ち歌を1~2曲くらいしか歌わなかった。三重野瞳とか米倉千尋とかにはもっと歌ってもらいたかったけど、だったら本人のライブに行けってことかね。「瞳 Fall in Love」とかはもうライブで聴ける機会はないのかなあ。

選曲は割りとよくて、米倉千尋のJust Fly Awayとか三重野瞳のひとつのハートでとかsorachocoのエンジェる~んのOPとかSaliaのTRUST(ヴァンドレットの曲)とか、全員でプリキュアマックスハートOPとかが盛り上がったかな。あとは井上あずみのトトロは感激のあまり泣きそうになってしまった。

途中で結構長めの小芝居があったり。三重野瞳ふんするメイド喫茶の元に、店員たちが新しい喫茶店のアイデアを持ち掛ける・・・という。店員を演じるのが堀江美都子や金月真美などの声優陣で、それぞれが演じたキャラクター風の喫茶店を持ち掛ける。堀江美都子なら、おぼっちゃまくん喫茶店とかひみつの喫茶店、金月真美ならときめき喫茶店、富沢美智恵ならすみれ喫茶店・・・という風に。sorachocoがもち掛けたのはビリーズ喫茶店。なんで?2人がメイド姿でビリー体操する姿はかわいかったけどもさ。

曲数はそんなに多くなかった感じがするんだけど、終演は21:00過ぎ。2時間半以上やっていたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

美佳子@ぱよぱよ公開録音 ゲスト:小野大輔

今回の公録は応募者多数ということで、いつもと違って全席指定。

3列目でした。

小野さんも最後に「たくさんしゃべった」といったとおり、ずう~っとしゃべりまくり。こんなにサービス精神旺盛なゲストはあんまりいなかったなあ(伊藤静くらいかな)。

メールもあまり読まず、大爆笑のフリートークが長くてたのしかったぁ。

観客は女性率が高かった。プレゼントコーナーでは10人くらい当選者がいて男性は1人だけだったので、9割が女性の計算か。

諏訪部順一さんゲストのときも感じたけど、結構普通にキレイな人が多いんだよね(失礼なこと言ってるかな!?)

30分押して21:00終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

TBSアニメフェスタ2007 初日

思えば、声優さんに会えるイベントに初めて参加したのがTBSアニメフェスタ2004だから、今日のイベントで4年目に突入かあ、早いもんだなあ。

今日の司会もいつもどおり向井アナ。

座席は3列目なんだけど、ステージを見上げる感じになったので6時間以上は首が疲れた。最前付近で固まって酒を呑んで暴れてる連中もうざいし、10列目くらいが丁度いいのかもなあ。

■怪物王女

怪物王女からスタート。これ6話くらいで途中で切っちゃったんだよなあ。

ゲストは川澄綾子、大浦冬華、河原木志穂、能登麻美子、清水愛、森永理科。

全員浴衣姿だけど、森永理科が帯の代わりに巻いてるのはコルセット!?誰も突っ込んでなかったけど、そんな着こなしが存在するんだろうか。

1番目立ってたのは河原木さんだったような気がする。意外。

向井:川澄さんが今まで演じた中でも、こんなに気の強いキャラクターは無いんじゃないですか?セイバーくらい?

川澄:えっ?!TBSの作品の中でですか?

向井:いえ、ほかも含めて

川澄:そう・・・ですね・・・今までの中では気の強いほうですね

おいおい、ヒロイン王さまに向かってなんて質問してる。いままでに食べたパンの枚数を覚えているのか?って顔してるぞ。

向井:セリフが「フガ」しか言えないってどうなんですか?

河原木:正直、楽させてもらいました。

向井:「フガ」だけでもいろんなバリエーションあったりするんですか?

河原木:そうですね・・・最初はいろいろ変えてたんですけど、余計なことしなくていいって言われちゃいました。

トークのあとは姫チームとシャーウッドチームに分かれてゲーム対決。あらかじめインターネットで行ったキャラクターの人気投票で、10位以内にランクインしたキャラクターを当てる。ただし、順位が低いほど高得点。

各人、どのキャラクターが人気がないかを言い当てるわけだけど、やっぱりやり難いらしく、自分が演じたキャラクターを言おうとする。川澄さんなんか姫っていいそうになって。そんなの上位に決まってんじゃん(ってか1位でした)。

キャストの皆さんが相談している声が聞こえてきたんだけど、「やっぱり女の子の方が人気あるんじゃない?」とか「巨乳だから・・・」とか。

ゲームが終わったら、美郷あきさんのOPテーマライブがあって、テレビ未放映話の上映をして終了。

■ベクシル

フルポリゴンのCGアニメ。ちょっとだけ上映されてたけど、どうなんだろう。正直、映像もキャラクターの動きもまだこんなレベルなのかと感じた。ストーリーとかはわかんないけど、映像で魅せるのなら厳しいかなあ。

ゲストは、監督の曽利文彦さん。まんとらに出てた人か。TBSの社員で向井アナとは同期らしい。

■ああ女神さまっ

ゲストは井上喜久子さんと誰か忘れた(合田監督ではなかった)。なんで女神さま?って思ったけど、秋に向けて特別版を作成中との事らしい。

特にコーナーとかはなくて、喜久子さんのフリートークだった。

■神曲奏界ポリフォニカ

これも3話くらいで切っちゃったんだよなあ。

ゲストは戸松遙と佐藤利奈。

主に2人で仕切って、トークと生アフレコ。

戸松さんは現役女子校生。アフレコのとき、共演者からはセーラー服で来て欲しいって言われてたのにいつも私服で、最終話のアフレコだけやっとセーラー服できてくれたとか。

■大きく振りかぶって

ゲスト:代永翼、中村悠一、早水リサ

向井:永代さんは三橋のようにおどおどしちゃったりするんですか?

永代:よくありますねぇ

早水:計算でしょ?

中村:人気取りだよな。オレ達には分かってるから安心しろ。

永代:違います違います違いますっ!本当に緊張するんですって!!

どうやら仲はいいらしい。

生アフレココーナー。

永代さんの地声は高めではあるけど三橋の声とは違うよなあ、と思ってたけどアフレコではバッチリ三橋で驚いた(当たり前)。

そのあと、なんと同じシーンを永代と中村のキャストを入れ替えてもう一度。さぞかしアンバランスなシーンになると思ったけれど、あまりに違和感なくて驚いた。中村さんあのかっこいい声で見事に三橋を演じてるし、永代さん演じる阿部も十分格好よかった。どうやらかなり練習したらしい。声優さんてスゲえなあ、と改めておもた。

■逮捕しちゃうぞ

ゲスト:玉川紗己子、平松晶子

向井:この作品はもう10年以上経つわけですが、これだけ長いともう生活の一部になってるんじゃないですか?

平松:私、自動車の免許持ってないんで、生活の一部といわれても・・・実感ないですね

向井:えっ、じゃあ、車に関するセリフとか全然分からないでやってるんですか?

平松:もう、OVAの最初のアフレコとかチンプンカンプンでした

玉川:私だって、足ブレーキなんてやったりしませんよ

秋からの新シリーズの1話目上映。10年以上続いてるってのはそれなりに固定ファンが入るからなんだろうけど、どこに魅力を感じればいいのかわかんなかったなあ。見続ける自信がない。

■ヴィーナスヴァーサスヴァイアラス

ゲスト:高垣彩陽、茅原実里

ルチアとスミレがラジオパーソナリティを演じる体。ルチアが恥ずかしがるところに萌えてくれってとこかな。

■ひだまりスケッチ

ゲスト:阿澄佳奈、水橋かおり、後藤邑子、新谷良子、蒼樹うめ(原作者)

この小っちゃい女の子だれ?っておもったら原作者の方でした。水橋かおりさんより背の低い(見た限りでは)若い女性でした。

原作者を迎えてのコーナーは、「セリフが未記入の4コママンガにセリフを入れて、それをキャストが生アフレコで公開」セリフはキャストの皆さんが1人1つずつ考えてあって、どの作品が1番優秀かを蒼樹さんが決める・・・と。

水橋かおりさんの作品が割りと正統的で。

後藤:かおりちゃんの作品ていつもちゃんとストーリーになってるよね

水橋:だって原作者の蒼樹うめって私のことだもん

新谷:なんでそんなウソを・・・

水橋:(笑いながら)原作者が儲かるって話楽屋でしてたでしょ

新谷:そりゃ、豪邸を建てた原作者もいるけど

それってどの赤松健?

ひだまりスケッチ特別編の上映。10月くらいに放映予定らしい。今日放映したのは、その前半で、全員でプールに行くって言うサービスカット満載の内容。

最後が「スケッチスイッチ」のライブ

■CLANNAD

ゲスト:中原麻衣、広橋涼、神田朱未、野中藍、能登麻美子、井上喜久子

向井:藤林涼は占いが好きですが、神田さんは占いとかどうですか

神田:いいコトだけ取り込むようにしてますかねえ

向井:自分に都合のいいところだけ信じるってことですか?

神田:・・・ああ、はい・・・

向井:能登さんは怪物王女コーナーにも出ていただいて、ずいぶん時間が空いてましたがどうやって時間を潰してたんですか?

能登:一旦家に帰っちゃいました。帰っていいって言われたので・・・

5時間以上開いてるからなあ。それにしても、この近所に住んでるのかにゃあ。

向井:一之瀬ことみは本をよく読みますけど、抜群に頭がいいですよね。能登さんは勉強は・・・

能登:全然!(即答)

向井:井上喜久子さんが演じるキャラクターは?

井上:パンやさんなんですけど、天然ボケで、演じるのが大変です

ええ~~~

向井:じゅうぶん天然ボケな感じですが・・・

井上:あれは計算です。ただ、ちょっと計算がずれちゃいますけど・・・

クラナド1話目の上映。AIR、KANNONに引けをとらず、すっげー面白かった。本放送が待ちどうしい。

随所にライブコーナーがあったりして。Liaさんとか、妖精帝國とか、eufoniasさんとか。

終演は20:30で珍しく帝國どおり。いつもは7時間以上になるんだけど、今年は6時間半で終わった。十分長いけど。

今回はたいしたサプライズなかったなあ。xxxHolicの新シリーズとか女神さまの特別編製作中とかくらいかなあ。去年のウィンターガーデンみたいなの期待してたのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

田村ゆかり 2007 Summer *Sweet Milky Way* 大宮公演

ただいまあ~、ライブ楽しかったなあ。あれ?涼しい。しまった、エアコン付けっぱなしだった。まあいいや涼しいし。とりあえずビールを・・・ぷはぁ、うまい。

いよいよゆかりんのライブツアーが始まったわけですが、まずは大宮からスタート。

女子はすべからく、ゆかりんルックなんだろうか。ゆかりんも「量産タイプがたくさ~ん」って喜んでたし。

座席は割りと前のほうだけど、1番端っこ・・・。でも、大宮ソニックシティのステージは前列付近を取り囲むように、サイドの方まで伸びているので、ここにゆかりんが来た時は束の間の最前列!?うわあ、どうしよう。

などと期待していたのに、馬鹿でかいスピーカが配置してあって、サイドの方には行けないようになってやがんの。ちぇ。

っていうか、こんなでかいスピーカのまん前じゃん。確かネギまのライブだったかで、スピーカの近くで鼓膜がやられるんじゃないかと思ったときがあったけど、あのときより近いなぁ。大丈夫かなあ。

ゆかりんはステージの両端にも良く移動するので、こちら側に来た時はすごく近くて、何回目が合ったことか(妄想)、なんかい微笑みかけてくれたことか(妄想)。

前回のライブからは新曲も結構出ているので、割とライブで始めての曲も多かったかな。

「天使のお仕事」はライブでは絶対歌わないと思ってたので、びっくりした。振り付けも可愛かったし、是非定番にしてほしい。あとは「進め!愕天王」もライブでやってくれないかなぁ、さすがにムリか。

今回は「Cutie Cutie」がなかったなあ。ゆかりんの曲の中でダントツで好きな曲なのに。「恋するラズベリー」が取って代わるんだろうか。残念。

知らない曲が1曲あったけど、新曲かなあ。曲名とかいわなかったけど、振り付けもかわいかったし、何の曲だろう。

MCも最近はラジオの時のように軽快になってきたのでないかと思う。少し前は、人前でしゃべるのはあまり慣れていない雰囲気だったけど。3回くらい、マイクに歯をぶつけてその度に「いたっ!」っていうのがおかしかった。

18:40開演、21:10終演。2時間半でだいたいいつもと同じくらいかな。

確か歌ったと思われる曲

  • Princess Rose
  • Honey Moon
  • My life is great
  • Butterfly * kiss
  • 天使のお仕事
  • 君をつれて
  • Sensitive Venus
  • Little Wish
  • YOURS EVER
  • 惑星のランデブー
  • 星空のスピカ
  • Melody
  • fancy baby doll
  • Beautiful Amulet
  • 虹色バルーン
  • 恋するラズベリー
  • Love Parade
  • candy smile
  • 恋せよ女の子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »