« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月26日 (月)

釧路→網走→女満別空港

AM9:00過ぎの快速しれとこで網走へ向け出発

この路線は釧路湿原の東側を貫いていて、景観の良いところでは徐行運転をしてくれんだけれど、湿原を抜けた後は線路の両脇ともブナだか白樺だかの林で覆われていて北海道の雄大な景観はあまり見られなくて残念。

3時間ほどで網走に到着。

空港行きのバスまで2時間ほどあるけど、特に目的があってきたわけでもなく・・・。

網走といえば刑務所のイメージだけど、刑務所に行ってもなあ。

ってわけで、網走川ぞいを海に向かって歩いて、港の辺りをうろついたりして時間をつぶす。

女満別空港行きのバスから見えた網走湖がきれいだったので最初からここにきておけばよかった。

結局白い恋人はどこも売り切れで買えなかったなあ。

楽しかった北海道旅行も終わって、東京で早速帰宅ラッシュに巻き込まれて欝な気分。

今回、鉄道での移動が多かったけど、それは車窓からの景色を眺めながらのんびり旅をしたかったからで、でも実際には札幌→釧路間はトンネルがやたら多くて、それに日差しの強い窓側のシートに座ってしまってほとんどカーテンを閉めていて(これは自分の責任だけど)景色を楽しむ余裕は無かったし、釧路→網走間も木が邪魔で回りがよく見えなかった。札幌から釧路まで午前中の特急おおぞらで行く場合はA席ではなくD席をお勧めします。

次からは釧路とか知床とかどこか一箇所にきめて、そこを丹念に観光したほうがいいかあなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

釧路湿原

札幌から特急おおぞらに乗って釧路へ。写真は途中の新夕張駅。

Img_4776

釧路到着は13:00過ぎ。3時間で着くと思ったら4時間かかっちゃった。勘違いしてたみたい。釧路は雪は積もってなくて、道路も凍ってなくて普通に歩けて助かった。

観光案内で湿原の西側への行き方を尋ねると、湿原展望台までバスが出ているとのこと。出発まであと15分しかない。それを逃すと次は90分後。大急ぎでロッカーに荷物を預け、おにぎり屋さんがあったのでおにぎりを買ってバスへ。おにぎりはバスの中でいただきました。

40分ほどで湿原展望台に到着。時期はずれだからか閑散としているなあ。

Img_4779

ここから木道を通って、サテライト展望台へ向かう。1100mくらいらしい。よく晴れてるので暖かくて歩いてるうちに汗だくになった。

Img_4794

そこかしこに「熊に注意」の看板があるから、こんな朽ちた木の根が熊に見えたりしてびくびくしながら進む。だって他に誰もいないんだもん。

Img_4906 Img_4897

熊が出たらどうするかなあ。とりあえず戦うけど、多分負けるだろうなあ。とりあえず石を投げつけてみたりして・・・石落ちてないなあ。探してるうちに食べられちゃうなあ。などと無駄な妄想をしつつ進む。

ようやくサテライト展望台に到着。やっぱり誰もいない。

Img_4855

展望台からの眺め。

Img_4797

ひゃ~広いなあ。写真じゃ伝わらないだろうけどひたすら広大な枯野が広がっていてすごい壮観。でもやっぱり緑の季節に来たほうがいいよなあ。人多いだろうけど。それと「聞こえてくるのは風の音と自分の呼吸だけの静寂」を期待してたのに、結構道路が近くて車の音がうるさいのが残念。遠くから鉄道の音も聞こえるし。

もうしばらく進んで湿原におりたあたりまで来たけど、そろそろ日も沈みかけてるし、真っ暗になったら何にも見えなくなるのでやむなく引き返す。

Img_4861 Img_4876 Img_4882 Img_4858

湿原展望台に戻ったのが16:00くらい。釧路駅方面のバスが来るまで40分ほどあったので、夕焼けを眺めながらバスを待つ。日が落ちてくるとだいぶ寒くなる。

18:00くらいにホテルにチェックイン。今日は釧路川近くのホテルに宿泊。写真はホテルからの夜景。

Img_4916

夕飯を食べようと街に出て困った。日曜の夜だからかやってない店が多い。ラーメンを食べたいのになかなか見つからない。第一殆んど人が歩いていない。まだ19:00前なのに。ようやくラーメン屋を見つけてラーメンと餃子を頼んだら、今日は餃子できないって言われるし・・・。ラーメンだけ食べたよ。

ちなみに明日はちゃんと有給休暇をとってあって、サボリとか逃避とかではないのです。念のため。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

ニセコひらふスキー場

この時期まだスキー場へのバスが運行していないそうなので、ホテルでタクシーを呼んででもらって、タクシーでスキー場へ向かった。

途中でホテルに忘れ物をしたのに気付いて、戻ってもらったりしたので2000円ちょっとで済むはずが3500円くらいかかっちゃった。

すぐにレンタル屋が見えたので、スキー用具一式と、ウェア、小物を借りる。6500円くらいだったかな。

何だろ、この短いスキー。それに随分軽いし。他のスキーヤーもみんなこのタイプのスキーだし、今はこれが普通なのかな。スキーをやるのは・・・干支1周分ぶりくらい・・・なんだけど、スキーも進化してるんだね。

用意を整えて、リフト券を購入。なんだこれ、磁気カード?ICカード?よくわかんないので売店のおばちゃんに使い方を訪ねると、リフト乗り場でこれをかざすとゲートが開くのだけど、非接触式だから胸ポケットにでも入れておけばよいとのこと。そんなことになってるのか。

滑り始めたのは9時半くらい。

今日はまだ1つしかリフトが動いてなくて、同じコースをずっと滑り続けることになる。でもそんなに混雑していなくて、リフトの待ち時間は殆んどなかった。

久しぶりだからか、なれない板だからかはじめは思うように滑れなかったけど、だんだん慣れて楽しくなってきた。寒いけど。

あいにく天気はよくなくて、景観を眺めながら滑るあてはハズレた。

071124_0001

ペアリフトで乗り合わせた人に話しかけられた

「暖かくなりましたね」

いえ、凍えるほど寒いですけど。昨日より暖からしい。オーストラリア人が増えて、日本人向けのホテルが廃業しているような話を聞かせてくれた。ずいぶんと外国人が多いと思ったけど、オーストラリア人なんだ。世界中でなんでオーストラリア人限定で増えてるのか聴いてみたら、もともとオーストラリアはスキー人口が多いけど、オーストラリアは今は夏で、雪質のよいニセコスキー場が好まれているということらしい。去年あたりは半分くらいがオーストラリア人だったとのこと。地元の人は観光客がふえてありがたいんだろうか?その辺突っ込んで聴かなかったけど。

同じコースだし、すぐ飽きると思ったけどいつの間にか15:00近く。そろそろ帰ろう。

タクシーを呼んで、倶知安駅へ。このタクシーの運転手さんにも話しかけられた。

「お仕事ですか?」

「いえ、観光です」

白い恋人を買いに来ましたなどとはとてもいえない。

この運転手さんは九州の出身で結婚して北海道に移ったけど、ここまで雪が多いとは思ってなかったとか。そういえば9月に九州旅行してきた旨を伝えると、しばらく九州話をすることになった。阿蘇は日本とは思えない絶景だったとか、博多は空港が近くていいですよねとか。

15分ほどで倶知安駅に到着。

電車の発車まで40分くらいあったので、あたりの写真を撮って回る。

昨日露天風呂から眺めた羊蹄山

Img_4757

歩道も雪で埋まった道路。

凍り付いて滑るので慎重に歩く。転んだらカメラ壊れる。車に轢かれる。

あの子供たちはどうして転ばずに走れるんだろう

Img_4746

倶知安駅前。除雪した雪で山ができてる。

Img_4738

駅前の写真を撮っていたら、雪かきをしているおばちゃんに話しかけられた。

「暖かくなったねえ」

いえ、凍えるほど寒いです。

昼間もこんな会話をした気がするけど、一人旅をしていてこんなに話しかけられたことってなかったな。

写真を撮ってたから旅行者と思われたのか、いやまあ旅行者だけど、駅前の雪は真冬になったら2倍の大きさになって駅なんか見えなくなるとか、道路の脇に雪かきした雪を捨てるための側溝ががあって、偶数時間になると水が流れるのでその時間に合わせて雪かきをしているとか教えてくれた。

そんで、今日は札幌のホテルに宿泊。写真はホテルからみた夜景。

Img_4763

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月23日 (金)

白い恋人販売再開

白い恋人が11/22から販売再開!

これは買いに行かねば

というわけでやってきました、北海道

しまった・・・物凄い寒い・・・

まだ11月なのに雪積もってるし

とりあえず札幌に向かって、コンビニで手袋とマフラーを購入

だいぶマシになった

道路が凍ってるから滑って転ばないようにしないと

さて・・・これだけ雪が積もってるってことはもうスキーもできたりする?

札幌駅の観光案内に行ってみると、ルスツとかニセコとかの一部で開始したとのこと

倶知安(くっちゃん)というところが最寄り駅らしいので、携帯で倶知安の宿を探すと結構見つかった

源泉掛け流しの温泉露天風呂があるホテルがあったのでそこに予約する。

札幌からJRで小樽へ。写真は小樽駅前。

Img_4722
小樽から倶知安行きの電車まで1時間近くあったのでバスで行くことにする。

バスも1日3本しかなくて、たまたまちょうどいいのがあってラッキー

休日なのに小樽から倶知安まで自分含めて4人しか乗らなかったんだけど、大丈夫なの?

15:00くらいにホテルについて、速攻露天風呂へ。

すぐ目の前に雪化粧した羊蹄山がそびえる景観を眺めながらの露天風呂。
きもちいい~~~

出たり入ったりを繰り返して、暗くなるまで1時間くらいつかってたかな

その後、凍りつく街を暫くうろついて適当に夕食を食べて今後の予定を考える

明日はスキーに行くとして、釧路湿原とか行きたいな

そういえば北海道に来るのは初めてだった

あ、白い恋人のこと忘れてた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

Bフレッツ開通

引越し前から申し込みしていたおかげで意外と早く開通できた。

早速スピードを図ってみると、下り40Mbps、上り25Mbps。

うむ、十分速い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

Theatre劇団子「遥かなる山でヤッホッホ」

沢城みゆきさん出演の舞台を見てきました。

いやあ、面白かった。終始笑いっぱなしだったけど、2時間半はちょっと長いかなあ。途中で1秒の休憩はあったけど、短すぎ。

みゆきちが演じたのは小っちゃな女の子の役と、10年後に成長した少女の役。ちゃんと演じ分けていてさすがって感じでした。

今後の声優活動にどんな風に反映されるのか楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田咲のFormula Smile はじめての公開録音 IN パセラ上野店

藤田咲こと初音ミクのラジオ公開録音の午前中の部に行ってきた。場所は上野のパセラ。

不忍池とか普段歩かないようなところを歩いてパセラに到着。

席は指定されていて全部で70席だったかな。

藤田咲プロデュースという、ピーチベースの「さっきースペシャル」とメロンベースの「ミクスペシャル」の2つのスペシャルドリンクが500円で提供されていたので、さっきースペシャルを飲んでみた。ん、桃ジュースの味がする。アルコールは入ってないのか。

公録前にさっきーからお約束の注意事項は「はじめての注意事項、略してはじめてのチュウ」の映像が流れて、さっきー登場。

ネギを持ってる人が何人かいたんだけども、「ちまたで噂になっていますが、わたしネギ嫌いなんですよねぇ。でも、振ってる姿はかわいいと思いますよ?」

そんな感じで公録スタート。詳しくは放送前なので書けないけども、緊張もしてないようだし、楽しい内容だたよ。

告知で、初音ミクのボーカルCDを発売するようなことを言ってたけど、これってさっきーが普通に歌うのか、ボーカロイドに歌わせるのかどっちなんだろう。前者だったらあんまり意味ないか。さっきーの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

引っ越した

まだインターネットが繋がらないので携帯から更新。うまくいけ。
取りあえず地デジがtvkとMXも含めて全部入るので一安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

ワイルドストロベリー結成記念ライブ @品川プリンスホテル クラブeX

井上喜久子お姉ちゃんとまるたまりさん、小笠原純子さんが結成したジャズユニット「ワイルドストロベリー」の結成イベントに行ってきました。

アニソンカバーが中心とのことなので姉ちゃんのアニソンカバーが聴けるライブというつもりで参加。

開演すぐに「乙女のポリシー」を歌って、出演者の挨拶。「17歳です」「オイオイ」ももちろんあって・・・。

小笠原純子さんというのは「ぽう」というアコースティックユニットのピアニストの人らしいんだけどYOUみたいな声で「年齢は692歳(言う度に変わる)」とか「今わ人間の姿だけど・・・」とか言っちゃう不思議系の人。類は友を・・・あ、いや、なんでもない。

その他の曲目は「ロマンティックあげるよ」「魔女っ子メグちゃん」「トリトン」「エイトマン」「絶対無敵ライジンオーOP」「残酷な天使のテーゼ」「魔女の宅急便」「奥さまは魔法少女ED」とか。やっぱ古いのが多いかな。

楽しそうにマラカスを振るお姉ちゃんをみてるとこっちも楽しくなってテンションあがってしまった。

自分たちで勝手に考えたアニメのテーマ曲をやってみよう、ということでお姉ちゃんが考えたアニメのタイトルが「メルボルンZ」

まるたまりの「わけ分からないでしょう?メルボルンてオーストラリアじゃないですか。そこに”Z”って。」の突っ込みに「メルボルンってオーストラリアだったんだぁ、みんな知ってた?」とお姉ちゃん。ん~、割と常識・・・かなあ。

曲はまるたまりがつくってあって、バンドの皆さんには今楽譜を渡すので即興でやってくれと。唖然とするギター、ベース、ドラムの人たち。頭を抱えながらその場で必死で覚えてるようだったけど見事に演奏しきってすっげえ。

18:30開演で20:40くらいに終演だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

懐アニ!vol.2 in パセラ銀座店

懐かしくあの頃を思い出すアニメソングフェスティバル!略して懐アニ!vol.2に行てきた。前回もそうだったけど、入り口でサイリウムを無料で1本くれるからうれしい。

今回は山本麻里安プロデュースでテーマは1992年のアニメソング。

ゲストは小林ゆう、福井裕佳梨、永井真衣、石田燿子。司会は前回同様やまけん。

入場方法がグダグダだった。30メートルほどの狭い通路に番号順に並ばせもせず10番区切りで番号を呼んで入場させたんだけど、スタッフの声が小さくて前方3メートルくらいまでしか届いていない。せめてBGMの音量を小さくしてくれれば良いのに。入場が始まってるのに気づかず文句を言いながら入場している人が大勢いた。でも、今回はそんなに混んでなくて、前列付近はそりゃあギュウギュウだけど、後ろのほうはスカスカだった。

今回のテーマの1992年のアニメはこんな感じだけど、当時はアニメ過疎地に住んでたし、たぶんアニメもゲームも封じて勉強してたころだからあんまり見た覚えがないなあ。アニメよりむしろドラクエVとかFFVとかロマサガの印象が強い。

そういうわけで、入場番号は結構前だったけど空いている後ろのほうでまったりと聴くことにする。

「微笑みの爆弾」で始まってパプワ、ミンキーモモ、姫ちゃんのリボン、セーラームーン、風の中の少女金髪のジェニー、すいみん不足(キテレツ)とかあったかな。

盛り上がったのは「chala-head-chala」と「走れ正直者」(西城秀樹が歌ったちびまる子ちゃんOP)。

走れ正直者は小林ゆうがビックリするハイテンションで歌って、観客もいやがおうにも超盛り上がった。普段の丁寧口調とあまりにギャップがあるから驚いたよ。こういう本性か。

14:00開演で16:00終了。次のお姉ちゃんのライブまでは結構時間あるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY@TOKYO+

ふんたららんのぱよぱよにも行きたかったけど、アイマスライブが10番台という神番号が当たってしまったので、こっちに行くことに。今朝のナベシンハヤテの話とかしたかなあ。

今日のライブは追加公演ということで、イベント構成は10/28の1回目とほぼ同じらしかった。詳しくはこことかここを参照。

出演者は、中村繪里子(天海春香)、仁後真耶子(高槻やよい)、今井麻美(如月千早)、下田麻美(双海亜美・真美)、若林直美(秋月律子)、平田宏美(菊地真)、長谷川明子(星井美希)、滝田樹里(音無小鳥)。

長谷川さんはきわどいヘソだしルック。細っそいなあ。

18:00ちょうどに開演して、まずは小鳥さんのからの注意事項

「携帯電話の電源はお切りください。またエコに配慮して電化製品の電源はできるだけ切るのが望ましいですが、XBOX360を暖房代わりにしている方はその限りではありません。」

坂上プロデューサーへの質問コーナーで、「アイドルとその中の人が割と似ているところがあるけれども、坂上Pはどんなところが似ていると思いますか?」という質問に「体型とか似ている人はいますけど・・・」と発言し、ミンゴスにものすごい勢いで詰め寄られているのには笑った。

なぜだかにごにごに腕相撲で挑戦するコーナー。

腕相撲の体勢に入ると他の人は結構腕の辺りがぷるぷるしてたけど、にごにごは肩とか腕とか筋肉が隆々になっていた。鍛えてるんだろうか。結果はにごにごの圧勝。

アフレコドラマコーナー。

事務所から緊急呼び出しを受けるアイドルたち。「先に事務所に着いた人がおごることにしよっか」ってことになって真っ先に飛び出すやよいの姿が想像できて面白かった。

事務所につくとなぜか亜美がすでにいて一言「ぶるあぁぁぁ、何やってる、遅いぞぉ」。

うっは、似てる。しばらくそんな感じで超ソックリな若本規夫の物まねで会場を沸かせつつ、亜美と小鳥が言うには「明日の社長は君たちだと言い残して高木社長がいなくなった」と。

社長気取りで、他のアイドルたちにイメチェンを迫り、律子に雪歩ばりのおとなしキャラをやらせたり、千早に巨乳Eカップロボットキャラ(わけわからん)とかやらせたり・・・。ミンゴスは、ケープを脱いで胸につめて「ムネニカヲヲウズメテモイイデスヨ」とがんばってた。

結局「白鳥のアクセは君たちのものだ」という社長の言葉を聴き間違えていたとかいうオチ。

いよいよ最後はお待ちかねライブコーナー。

セットリストは他会場同様MASTER ARTISTの新曲たち。今日は「キラメキラリ」を聴くために来たようなもの。”東京特許許可局・・・”の歌詞の前にちょっと気合入れたりして、可愛いなあもう。

ライブが終わると突然「ハッピーバースデー直美ちゃん」のコーナー。ケーキを運んできた美人さん誰だろう?と思っていたらなんとポーリー!ビックリした。今日は別の予定があったけど、間に合ったから来ちゃったとのこと。せっかくだから1曲くらい歌って欲しかったなあ。

最後に全員で挨拶して終了。20:40くらいかな。あわよくばぱよぱよにも以降と思ってたけど間に合わなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »