« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月24日 (月)

堀江由衣クリスマスライブ~由衣がサンタに着替えたら~ @両国国技館

ほちゃんのクリスマスライブに行ってきた。

場所は両国国技館。イレブンの国技が執り行われる場所。なので、番付表が張ってあったり、天井付近に力士の巨大パネルがズラーッと張られていたりしても、力士に見守られてクリスマスライブやるとか考えないっ!

アリーナ席と2階席には普通に座席があるんだけど、1階席はステンレスパイプで1.5m四方くらいの正方形に区切られた升目になっていて、コンクリートの床にシートも座布団もなし。升席というやつか。結構せまいのに、見知らぬ人3人で気まずいじゃんか。

18:00から5分ほど遅れて開演。

1曲目は「恋の天使 舞い降りて」からスタート。この曲はガチだろうとは思ってたけど、いきなりとは、一気にテンション上がってきたよ。

ほっちゃんのライブでは青色のサイリウムを使う人が多いんだけど、今回はクリスマスライブということで、クリスマスっぽく緑とか赤とか白とか使って欲しい、見たいな事をラジオで言っていたので一応いろいろ用意していたけど、半分くらいの人が青で、黄とか赤とか緑がちらほらって感じだったかな。

「伝説のクリスマスツリー」があって、その最上部の星を手にした人は何でも願いがかなうのだけど、すでにだれかに持っていかれていて、それを探しに行く・・・という小芝居をしながら合間に歌があるという構成。

トナカイに連れ去られて牢屋に閉じ込められたり、雪だるまと漫談したり、サンタクロースの代役をやらされたりしながら星を持ち去った人を捜し歩く。ほっちゃんのバク転とか見れるとは思わなかった。

やまなこの曲のほかに「Love Power」とか「Lady Go!」とかAice5の曲もいくつかあって、ほっちゃんいわく「Aice5は解散しちゃったけど、曲が忘れ去られるのはもったいないから」。Aice5の曲って割といいのが多いのに解散しちゃってもうライブでは聴けないと思ってたのでこれは嬉しかった。「Lady Go!」なんて超盛り上がれるし。

曲間にMCがないので、最後にまとめて長めのMCがあるのも前回のライブツアーと同じ。

9:00ちょうど終演。3時間の長時間で疲れたけど、楽しいクリスマスになった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

スーチーパイ X'masライヴ2007 @Live inn Magic

麻雀のルール知らないし、スーチーパイは全くやったことがないんだけど、一応サントラとか買って予習はしておいた。やっぱり曲を知っていたほうがライブは楽しいもんね。

Live inn Magicというところは始めて行ったけど、四谷の防衛庁のあたり。こんなことでもなければ来ることもないような場所。150人くらいの箱だった。キャスティングからしたらもっと集客あったろうに。

予定より30分遅れて17:30分会場。この寒空で外に並んでるのに遅れるのは勘弁して欲しい。ゴンドラで11時間取り残された人たちはさぞ大変だっただろうなどと考えながら耐えた。

「写真撮影禁止」とか「携帯の電源は切るように」とかの注意事項はどのライブでもあるけれど「背の高い人はなるべく後ろにまわってください」というのは始めてみた。

出演者は清水愛、かないみか、高橋美紀、福圓美里、渡部由美、それと秋葉のメイドカフェぴなふぇあの5人のメイド。スーチーパイの販促をやったメイドカフェらしい。

愛にゃんは人前で歌ったりしないのだと思ってた。CD発売イベントに行ったときも握手会はあっても肝心の曲は歌ってくれなかったしな。ってことで、愛にゃんの生歌は初めてなので楽しみ。

曲目は「ハートフル EVERYDAY♪」「You&Me」「デジタルなあなたじゃイヤ!」「バースデー☆エナジー」「WaiWai」などスーチーパイ関連の曲と、「きよしこの夜」「サンタが町にやってきた」とかの定番のクリスマス曲。知らない曲よりクリスマス曲とかの方が盛り上がれるかもね。

それとこのライブのために高橋美紀が作詞作曲した「一緒にX'mas」という曲。ライブのポスターを見ていたらライブの様子が浮かんできて30分くらいで作詞作曲ともやってしまったとか。すげえなおい。この曲の歌詞カードを入場時に配ってたんだけど、客席ライトがつかなくて全然見えなかった。まあ、歌詞カード見てるよりステージ見てた方が楽しいからいいけどね。

曲調はゆったりした感じで、ギャラクシーエンジェルでいえばホロスコープ・ラプソディーみたいな。

01_xmas Photo

「一緒にX'mas」の歌詞カード。裏は「きよしこの夜」。

2時間の公演時間に対し、多分10曲くらいしかなかったからトークの時間がかなり長かったのだけど、かないみかさんがこんなに楽しい人だとは思わなかったよ。

メイドさんたちの胸を触ったり、全員の胸のサイズを聴いたり。まともに答えてくれなかったけど。

あとお酒の話で盛り上がってた。かないさんが酒好きらしく、話を振りだしたんだけど、それを受けてまず高橋さんが「わたし、ざるって思われてるんだけど・・・まあ、日本酒だったらそうなんだけど」と日本酒の話をしだして、甘口辛口どっちが好み?みたいなことになって、福圓美里さんは辛口がいい、高橋さんは甘口がいい、といってるところに愛にゃんがなぜか「テキーラが好き」。マジですか。お酒の中でテキーラが1番好きだとか。聞くと、午前中に収録が終わって、午後一からのみに行って翌朝まで飲んだこともあるとか。みなさんお酒が好きらしくて、焼酎の牛乳割りだとかよく分からない話に発展して、挙句どこの居酒屋がいいだとかの話になったりして・・・。渡辺由美さんは取り残されがちだった気がする。

メイドさんたちも歌ったりしたのだけど、1人桑谷夏子似のメイドさんがかなりのオタクで、「秋葉系とは言っても、アニメとメイドはジャンルが別だから心配だった。メイドも声優と同じ2.5次元と思って。」とか「ようこそようこのステッキもってくればよかった」などと発言したり、歌いながらステージ上でロマンスを打ったり、結婚して欲しくなった。

バースデー★エナジーは清水愛・福圓美里2人で歌ったんだけど、そのときのトーク

福圓「楽屋はメイドさんたちと同じ部屋で、鏡がL字においてあるんだけど、チラッとメイドさんたちのほうを見て、愛ちゃんに『メイドさんチラッと見ちゃった』っていったら、『うん、鏡越しにずっと見てるよ』だって」

愛「だって~、可愛いんだもん、みてたいでしょ?」

楽しげでいいなあ。

こおろぎさとみさんの曲のとき(曲名忘れた)、かないさんいわく、こおろぎさんというのは高めの靴を履いてもマイクに届かないくらい背が低くて、背伸びしがちにマイクに向かうのがかわいらしい。みんな見れなくて残念ね~。

かないさんがこおろぎさんの話をするのがなんとなく不思議な気がした。2人の聞分けがひとつの指標だったこともあった時代も・・・何の話だ。

予想外に楽しいライブだったけど、やっぱスタンディングは疲れるな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

HIROKO MORIGUCHI Song for you Vol.Ⅲ~もうひとつの未来~

六本木のSTB139スイートベイジルで行われた森口博子さんのライブです。

アニメとか声優とかあんまり関係ないけどなんで参加しようと思ったんだったかなあ。ガンダム繋がりかなあ。まあ、PS2のSDガンダムのOPテーマになった新曲「もうひとつの未来~starry spirits~」が結構良い曲で、ここのところよく聴いてたからわりと楽しみだった。

平日だから間に合うか不安だったけど、仕事を早めに切り上げて開演の19:30には間に合った。

客層はやっぱりいつもと違うなあ。おじ様おば様もいるし、若い女性も結構多い。普通の人たちだ。「森口博子のライブに行ってた」って一般人に話しても平気そう。

森口博子といえばバラドルのイメージが強いなあ。ちかごろテレビはアニメしか見てないから最近の活躍はわからないんだけど、実物で見た森口さんは40近くとは思えないほど綺麗だった。

テレビでしゃべるのが仕事だからトークも面白くて楽しい。普通にタモリとかの話題になったりもするし。

歌はガンダム関係以外は知らない曲ばかりだったけど、割とゆったり目の曲が多いかな。ノリのいい曲もあったりするけどPPPHはやらないのね。

紅白に何回も出場している人だし、さすがに迫力があってうまいし、振り付けもかっこいい。

うかうかしてるとファンになっちゃいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

美佳子@ぱよぱよ ゲスト:斎藤千和

前回はアイマスライブと重なっていけなかったので、公録参加は2ヶ月ぶりかな。

まだ12月初旬なのに挨拶は「あけましておめでとうぱよ」。大人の事情です。

今年最後の公録ということで悔いが残らないように入念に観客をいじろう!との目論見だかなんだかわからないけど観客全員に「どんだけ~」とか「そんなの関係ねぇ!」とかを振り付けでやらせて喜ぶみったん。近頃ネットでよく見かけるこれらの言葉、ちゃんと元ネタがあったんだね。最近テレビは録画したアニメしか見ないからぜんぜん知らなかった。ヤバいなあ。

今回のゲストは斎藤千和。結構サバサバ話す人だった。

詳しいトークの内容は放送前だから触れないけど、Wikipediaについての話がちょっと興味深かったかな。役者の間でもWikipediaの話になったりすることがあるんだけれど、ちわわが自身の記述を調べたらまず出身大学が間違えていたとか。それを聞いてみったんも出身大学が間違えて記述されていたと言及していた。

いま調べてみたら、ちわわの出身大学は「不明」、みったんについては出身大学についての記述なしになっていたけど、いずれにしてもソースとしてWikipediaはあまり信用できないってことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

アクアプラスフェスタ2007 in パシフィコ横浜国立大ホール

AQUAPLUSのイベントに行ってきた。

出演者はToHeart2から落合祐里香、伊藤静、生天目仁美、力丸乃りこ、小暮英麻、小野涼子、うたわれるものから小山力也、柚木涼香、大原さやか、三宅華也、Tears to tiaraから大川透、後藤邑子、AQUAPLUSの歌姫Suara。

トークがメインのイベント。小西力也と柚木涼香の掛け合いはラジオでは聴いていたけど実際に見るのは初めてで、たの出演者も巻き込んむパワーで終始圧倒してた。

出演者全員のアフレコドラマ(正式にはアフレコではないけど)があって、声優さんたちの演技を生でみれるからこういうの大好きなんだけど、今日のイベントは30分もの長尺ですごく面白かった。例によって小山柚木ペアがアドリブ全開で、戸惑い気味の他の出演者を見てても楽しかった。

ドラマの内容は、AQUAPLUSでの地位を安泰にするためにToHeartの面々がハクオロとアロウン(Tearsの主人公でCVは大川透)をけしかけて潰しあうようにけしかける・・・って感じだったかな。

最後はSuaraさんのライブコーナー。昨日ライブBDを買って本物のライブで聴きたいと思ってたところだったから嬉しかった。

終演が20:30。3時間半もやってたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 1日 (土)

Blu-ray 『Suara LIVE TOUR 2007 惜春奏歌』購入

SuaraライブのBD版を買った。

そういえばうちのPS3はHD映像を再生したことがなかったなあ、ゴメンよ。

「部屋を明るくして離れて・・・」の警告は無視して部屋を暗くして試聴。

うはぁ、映像が高精細でクリアだと臨場感も格段に違う。もうホントに窓枠の向こうでライブをしているみたいな感覚。

映画とかは興味ないからあんまり見ないけど、ライブ映像は今後はBDもDVDと併売していって欲しいなあ。

Suaraさんのライブはゆったり落ち着いてじっくり聴ける楽曲が多くて癒されるね。

ところでこのDISC、なかなか売ってなくて、最初町田のヨドバシ、とらのあな、アニメイトにいってもなくて、しょうがないから新宿のヨドバシとかビッグカメラとかいったけどなくて、秋葉原でようやく見つけた。

行き慣れた秋葉だけど、ヤマギワに入った瞬間の膨大な品揃えをみて、さすが秋葉は違うと思ったね。

早く普通にどこでもBDを扱うようになって欲しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »