« アイマス 3rd ANNIVERSARY LIVE @ パシフィコ横浜 | トップページ | くじゅう連山に行く »

2008年8月 2日 (土)

大分にやってきた

(宿泊先のホテルにLANの設備がなかったので、携帯モデムでネットにつなぐので、パケット代が心配なので画像はなし。後で追加するかも。しないかも。)

搭乗予定だった大分行き便が、機材変更のため30分遅れて出港した。
地方は交通機関が不便だから30分の遅れが数時間に膨れ上がってしまうんで勘弁して欲しいなあ、ANAさん。
大分空港から大分駅へは、連絡バスの他にホバークラフトが出ている。
男の子の憧れ、水陸両用のホバークラフト!日本ではここでしか乗れないらしい。
これは乗るしかないでしょう。片道3000円とやけに高いんだけど。

水陸両用なので、もちろん出港は水上ではなく陸上から。

となりに待機しているホーバーは、へろっとなってた。

出港直前、フワッと船体が持ち上がるのが分かった。同じくホーバー初体験らしい近くのグループが「上がった!」とか楽しそう。

海に出るまでは、曲がりくねったコンクリートの道の上をしばらく進むんだけど、曲がる方向に船首を向ける必要がないらしく、向きはそのままで横滑りしながら進んでいく。初めての感覚。
騒音がひどいとは聞いていたけど、思ったほどではなかった。飛行機くらいかなあ。

30分くらいで到着。特に衝撃も無く、いつ下りたか分からないくらいだった。大分駅まではここからさらにバスで15分ほどかかる。せっかく水陸両用なんだから駅前まで行けばいいのに。公道が無理なら専用道路作ればいいじゃない。それだけで観光の目玉にならな?ならないか。

ともかく、飛行機が遅れたおかげで大分駅から乗る予定の高速バスまでギリギリなのでバスなんか待っている余裕はなく、タクシーで駅へ向かう。
バス乗り場はいっぱいあるけど、福岡行きの高速バス乗り場がみつからないよ~。観光案内を見つけたので乗り場を聞くと、トキハデパートの前だと言う。ああなるほどトキハデパートね、ってトキハデパートなんて知らないYO!(ノリ突っ込み)。トキハの場所を聞くと、「ここをまっすぐ行って、地下道を通って・・・」。なんでそんなに遠いんだよ(あとで地図で調べたら500m以上あった)。あ~時間ない。このくそ暑いのに走らせんなよ。結局間に合わなかった、5分ほど。次のバスは2時間後。ほらね、30分遅れが2時間遅れに膨らんだ。

もうバスは諦めて電車で行くことにする。ちょうど「ゆふいんの森」って特急があったのでそれにする。
少し時間ができたので、立ち食いそばで遅めのお昼。大分に来て最初の食事が立ち食いそば。

この特急、乗ること自体が観光なんだね。車体が少し高くなっていて、シートも高い位置にあるし、ビュッフェがあったり、アテンダントの人が日付入りのプレートを持って巡回したり(記念撮影にどうぞってことかな)。

1時間ほどで目的の豊後中村に到着。現在16:00。ここからはバスで「九重”夢”大吊橋」に行くつもりだったけど、もうバスがない。行く事はできるけど、帰りのバスがない。タクシー使うことも考えたけど、とりあえず諦めよう。

予定より早く今日の宿泊予定の豊後森駅に到着(17:00)。まだ明るいので街歩きでもしよう。知らない街を1人で歩くのも楽しみの一つ。遠くに見える山並みが綺麗。コンビにとか見当たらないんだけど、無いのかな。浴衣の子が歩いていると思ったら、今日は「童話の里夏祭り」というお祭りがあるらしい。折角だから行ってみよう。
祭りなんて大勢で繰り出すもんじゃない?街の人ごみ肩がぶつかって一人ぼっちで泣きたくなった。でもまあ、花火見ながらイカ焼き食べてビール飲んで楽しかった。今日はこれをもって夕食としよう。

というわけで結構酔っちゃったのでおやすみなさい。

|

« アイマス 3rd ANNIVERSARY LIVE @ パシフィコ横浜 | トップページ | くじゅう連山に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大分にやってきた:

« アイマス 3rd ANNIVERSARY LIVE @ パシフィコ横浜 | トップページ | くじゅう連山に行く »