カテゴリー「ローゼンメイデン」の4件の記事

2006年2月20日 (月)

ローゼンメイデンファン感謝祭

ローゼンメイデンファン感謝祭に行って来ました。
場所は横浜BLITZ。

ワンフェスの後だったし、トークメインのイベントで2時間立ってるのはつらいと思い、1階のスタンディングはやめて2階の座席に。
ちょっと遠いけどね。

出演者は、沢城みゆき、真田アサミ、力丸乃りこ、野川さくら、桑谷夏子、森永理科、田中理恵、志村由美、後藤沙緒里、倉田雅世、河原木志穂(敬称略)

まずは手紙の朗読
真紅からジュンへ、ジュンから真紅へ、のりからジュンへ、メグから水銀燈へ、水銀燈灯からメグへ、薔薇水晶からお父さまへ

つづいて、各キャストが選んだシーンを上映してそのシーンについて語り合うコーナー。
まずは、森永さん、なっちゃん、さくにゃん、倉田さん、志村さんの5人。

森永さんが選んだのは『翠星石の腕の中で蒼星石がローザミスティカを失い動かなくなる』シーン
森永「本番で泣かないように、あらかじめ何回も見ておいて泣きつくしてから挑みました」
桑谷「私は事前に見てなかったので、本当に泣きながらやってたんですけど、つられないように大変そうでしたね」
森永「がんばりました」
野川「みんな泣くのをこらえてて、我慢できずに出て行っちゃう人が何人かいましたね~」
森永「くんくんとかね」
マジで!?

なっちゃんが選んだのは『翠星石がジュンに抱っこされて数学の教科書を呼んでもらう』シーン
桑谷「真紅が抱かれるシーンはよくあるんですけど、翠星石が抱かれる場面はあんまりないので」

さくにゃんが選んだのは『階段で雛と翠星石の戦い』
野川「この回から、ドールのみんながはしゃぐようになって、雛と翠星石の戦いもここから始まったんだなって思って選びました。」
桑谷「雛苺と翠星石のケンカってほとんどアドリブなんですよね」
うそぉ、あれがアドリブ?
野川「結構アドリブ多くて、ヒナの歌とかもアドリブだし」
うそぉ、あれもアドリブ?
野川「雛が動かなくなるところを選ぼうかとも思ったんですが、泣いちゃったらいやだなって思って」
雛の声を聞いただけで泣きそうになるのをこらえるのが大変でした。あのシーンを上映されたらやばかったかも。

倉田さんが選んだのは『お使いを終えた雛苺をジュンの家へ連れて帰る』シーン
倉田「巴は雛が大好きなんですけど、私もだんだん感情移入して雛が大好きになりました」
野川「うれしい~、ありがと~」

と、ここで情報です。
第3期の発表か!?
違いましたJUJINのフィギュアのCMでした。
あと、福岡の人形祭りのイメージキャラクターにローゼンが選ばれたとか。
知らんがな。

また手紙の朗読コーナー
蒼星石から翠星石へ、翠星石から蒼星石へ、雛苺から巴へ、巴から雛苺へ、金糸雀からりっちゃんへ

続いて、各キャストが選んだシーンの上映とトーク。
今度は、みゆきち、真田さん、力丸さん、さおりん、川原木さん、りえりえ。

さおりんが選んだのは『全員のローザミスティカを手に入た薔薇水晶が、お父さまに頭をなでてもらう』シーン
後藤「事前に監督から、薔薇水晶はローゼンメイデンではなくて、戦うことが全てだからって聞かされていたんですが、ローゼンメイデンでもないのにどうして戦うんだろう?って思ってたんです。でもこの場面でおとう様のために戦ってたんだなってわかりました」
ほかの出演者は薔薇水晶がローゼンメイデンではないことは知らされていなかったようです。

河原木さんが選んだのは『歌を歌いながらメグが初登場する』シーン(上映中、歌が恥ずかしくて悶える川原木さん)
河原木「いきなり歌から始まるなんてどうしろと?って感じでした」
このあとステージの中央でアカペラで歌わされる羽目に。

志村さんが選んだのは『りっちゃんの家にドールたちを連れて行きお着替え』のシーン
志村「あんまりしゃべらないシーンなんですけど、かわいくて好きなので選びました」
森永「WEBラジオで私が、蒼星石のロリータが見たいよね、って言ったのが採用されました」
繰り返し見てしまう名場面ですよね。

りえりえが選んだのは『1期最終話で水銀燈が燃えながら最後を遂げる』シーン
田中「このときホントに泣きながら演じてたのでちょっと鼻声なんですが、演じる前は台本に顔を突っ伏して閉じこもっていました」

力丸さんが選んだのは『1期11話、nのフィールドでのりがジュンを叱責する』シーン
力丸「この後から、ジュンくんが心を開いてくれるようになって、忘れられないシーンですね」

真田さんが選んだのは『階段でくんくんを餌に真紅を釣ろうとする』シーン
真田「どんな羞恥プレイですか。私が選んだんですけどね」 (くんくんのマネが恥ずかしいらしい)
真田「くんくんのマネをすることになって、監督に似てなくても全然かまわないからっていわれてたんですが、1階目のテストのあと、監督が」
沢城「ガチャッて入ってきてね」
真田「『似てないにもほどがある』って言われました、ヒドくないですか~?そのあと津久井さんに指導してもらいましたけど」

沢城さんが選んだのは『2期冒頭、真紅がローゼンに息を吹き込まれる』シーン
沢城「このためなら戦えると思いました」

ローゼン大喜利
お題の答えをキャラになりきって答えてください
●一万円が落ちていたら
田中「もらいよ」
力丸「あらあら、これでジュンジュン君に秘密の雑誌でも買ってあげようかしら」
志村「ローゼンメイデン1の頭脳派、カナにとって一万円ゲットするなんて簡単かしら」
森永「翠星石ったら、だめだなあ」 (翠星石のせいにしてひろう)
桑谷「よくやったです、蒼星石。それは翠星石が落とした一万円ですぅ」
野川「これでジュンにお手紙かくの~」 (きれいな紙を拾ったのでってことらしい)
後藤「おとうさまに、差し上げます」
河原木「あ、一万円・・・。ベッドから外に落ちてるのを見つけました。水銀燈がとってきてくれます」
真田「さわらぬ神にタタリなし」
倉田「これで雛苺にイチゴ大福を買ってあげられるわね。でも先生に届けなくちゃ」

沢城「事件の香りがするわ」

●バイト先の20歳年上の人に恋をしてしまいました。どうすればいいですか?
沢城「どうなの?ジュン」
真田「オレに聞かれてもなぁ」(確かに)
田中「年上の女性は、金のワラジを積み上げてでもて手にいれなさぁ~い」 (田中さん、キャラ変わってますよ(^_^;))
志村「カナにも分からないことがあるかしら。雛苺に聞いてみるかしら」
野川「愛に年の差は関係ないと思うの。だって、ヒナもジュンやのりが大好きだから」
後藤「お父さまに・・・聞いてみます」
「これから言うのは私じゃなくて、翠星石ですからね!勘違いしないでくださいね。」と前置きをして
桑谷「ムリに決まってるです、キッパリあきらめるです、振られるのは火を見るより明らかですぅ」
川原木「ふ~ん」 (そりゃ、興味ないですよね)

倉田さん、森永さん、力丸さんはなんて答えたか覚えてない。
ごめんなさい(;´д⊂)

●通信販売で、桜田家のみんなが大喜びする物が届きました。それは何?
イマイチだったので割愛。ってか覚えてないです。

最低5問はやりたくて7問用意していたらいいですけど時間の都合で3問で終了。残念。

ここで、真紅のスーパードルフィーを抱えて宝野アリカさんが登場。
「禁じられた遊び」と「聖少女領域」を歌ってくれました。

宝野「この子が重くて歌詞間違えちゃいました。この子は限定品でちゃんと並んで手に入れました」
マジで並んだのかなあ。OP唄ってるんだし、もらえないもんなのかねえ。

PEACH-PITさんからの手紙の朗読があって、出演者の挨拶で終了。
志村さんが途中で泣いちゃって、もらい泣きするさおりん。それにもらい泣きするオレ。

もう終わりってところで突然照明が落ちて、スクリーンに「特報」の文字が!
うお、これはついに!?
「『ローゼンメイデン 特別編』 製作決定!」
会場に歓喜の声が。
「オリジナルストーリーの特別編の製作が決定しました。詳細は未定。詳しくは公式ホームページで」
うわぁ~、やった~。
3期決定じゃないのは残念だけど、雛苺と蒼星石のことホント頼みます。
このままじゃ悲しいすぎるので。

大幅に押して、終演は19:50(2時間50分)。
座っててよかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月10日 (金)

ローゼンメイデン ファン感謝祭の当選ハガキが届いたー

ローゼンメイデン ファン感謝祭の当選ハガキが届いたー

一緒に水道料金未納のため、水道とめる警告通知も届いていたけど
もう、水道なんてどうだっていいよ

ウソです、とめないでください、ホントごめんなさい、ちゃんと払います
(以前とめられてひどい目にあった)

2月19日ってワンフェスとかぶるじゃんか。

ローゼンイベントは17時からだから、時間的には問題ないかぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

まきますか?まきませんか?

ローゼンメイデン オンリーイベント まきまき2に行って来ました。
場所は浅草の産業貿易センター。

ローゼンの同人誌は興味ないのですが、個人持ち込みのドール展示コーナーがあるということなので・・・。

残念ながら午前中の時点では展示されていたドールのうち、SDは水銀燈しかありませんでした。

水銀燈SDの衣装はなかなかでしたが、ホール内での撮影許可証(500円かかる)を取得していなかったので写真はないです。

会場にたくさんいたドール達のコスプレを見てつくずく思ったのですが、薔薇乙女たちの魅力というのは、本来命を持たないはずの小さな人形が、アリスゲームという、人間にしてみればどんな意味があるか理解できない運命(さだめ)に命を捧げる儚さにあるのでは無いかと思うわけで、そういう作品を生み出したPEACH-PIT先生のみならず、どこにも売ってないコミックBIRZ(失礼)からこの作品を見出し、アニメ化をしようとしたどなたかに感謝しなくてはいけないなあ・・・と。

1時間くらいで退場して秋葉原に向かおうとEZナビウォークで調べると最短ルートは、つくばエクスプレスで浅草駅→秋葉原駅との検索結果が!
つくばエクスプレスは利用することはないと思ってたのでこれはラッキー。
浅草駅までは浅草寺を横切っていけばいいのか、EZナビウォーク超便利。

秋葉原駅は、9/16にオープンするヨドバシカメラのすぐ前でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 7日 (日)

ローゼンメイデン海の家に行って来ました

Rozen Maiden 海の家で行われたラジオ公開録音に行って来ました
場所は江ノ島の普通の海の家ということで
服装をどうしようか迷いましたが
いつもの秋葉にいくのと同じ感じにしました
っていうかそれしかないし

以下簡単なレポートです

電車に乗っていたときからいやな予感がしてましたが
片瀬江ノ島駅前は海水浴客ばかり(当たり前)
自分の場違いぶりに脅えつつも勇気を振り絞って海岸に下りる
「これから着替えるんですよ~」の体で、途中海の家の客引きに会いつつ
会場の海の家「白浜」を探す

ローゼンメイデン海の家とはいえまさか普通の海の家だろう
と思っていたら

CA310140

orz 勘弁してくれ、周りは普通の海水浴客がいるってのに・・・

会場付近には他にも公録に来たっぽい明らかに海水浴客ではない風の人が
何人かいて、無事にたどり着けた健闘をたたえあう
いや、ことばは交わさなかったけどなんとなく通じた・・と思う

海の家の中は自由席になっていて整理番号順に入場して
好きな席に着く
入場時にローゼンメイデン海の家と書かれたリストバンドを渡されて
これをつけている限り本日17:00まで自由に海の家を利用できるとのこと
まあ、公録が終わったら帰りますが

席といってもゴザの上にビニールテープでマス目に区切ってあって
一マスが一席になっていました
マスは70cm四方くらいで結構ギュウギュウ
観客は全部で100人くらいじゃないかと思います

まずはいつものラジオ通りミニドラマが流れたのち
真田さんと沢城さんが登場して、取材の人たちからの写真撮影
真田さんはジーンズにノースリーブ
沢城さんはジーンズにTシャツ
水着なんてちっとも期待していなかったですとも、ええ

2人がポーズを要求されて撮影されているのをニヤつきながらしばらく眺める

残念ながらゲストは無し
田中理恵さんとかちょっと期待してたけど残念

公録はフリートークから始まって
クイズ対決コーナーや悩み相談コーナーなど
いつものコーナーが続く

海の家なのでもちろんエアコンなどはなく
とても暑かったですが沢城さんの首筋に汗が流れるのをみつけて
ちょっと萌える

公録内容は放送前なのであまり詳しくは書きませんが
沢城さんは20歳になって酒豪になるべく
自分にあったお酒を探していろいろ飲んでいる模様
たのもしい
肝臓に気をつけてがんばってください

沢城さんにカキ氷の氷を投げつけられて
真田さんが悲鳴を上げているシーンはラジオで伝わるのだろうか
などと要らない心配をしたりする

途中でなんとローゼンメイデントロイメントの
OPテーマ(TVサイズ)が本邦初公開!!

お2人も初めて聴いたそうです
アーティストは前作同様ALI PROJECT
難解で一度聴いただけでは歌詞の内容も良くわからなかったけど
背徳的な感じのするいつものアリプロの曲でした
CD購入決定です
この部分はオンエアではカットだそうです

なお、公録の配信予定日は8/12とのこと

公録は1時間くらいで終わって
その後はMCの2人と観客全員で記念撮影をするとのことで
海の家の外に集合するが周りの一般客からは奇異の眼で見られる。
そりゃそうだ。
はやく撮ってくれーと思いつつ笑顔で写る。

2人はここで退場。

最後に宝探しのアトラクション
砂浜の囲まれた一角に埋められたプラスチックボールに
書かれた番号に応じて景品がもらえるというもの
景品の中にローゼンの台本があったのでがんばることにする。

がんばって掘っていると一般客の湘南ぽいお兄さんから
何が見つかるのか聴かれたので
実はあれの台本が見つかるのです・・・などと応えると
よし手伝ってやる、見つかったらあげるからな
といわれ、ありがとうございますと敬語で応える

結局見つからなかったけど、お兄さんありがとう

以上楽しいイベントでした

| | コメント (0) | トラックバック (5)